日刊サイゾー トップ > 芸能  > 小川彩佳にTBSアナがブーイング?

元テレ朝・小川彩佳アナ『NEWS23』の異例の抜擢 TBSアナウンサーがブーイング?

元テレ朝・小川彩佳アナ『NEWS23』の異例の抜擢 TBSアナウンサーがブーイング?の画像1
小川彩佳オフィシャルブログより

 今年4月にテレビ朝日を退社した小川彩佳アナウンサーが、TBS系夜の報道番組『NEWS23』のメインキャスターに就任することが明らかになった。小川アナは6月3日から出演する。

 2011年4月から2018年9月まで『報道ステーション』のサブキャスターを務めていた小川アナ。昨年10月からはAbemaTVのニュースチャンネルで帯番組を担当、いわば“左遷”に近い異動だったという。

「小川アナとしては、テレ朝の人事に納得がいかない点が多かったのでしょう。確かに、局アナである自分を外して、現在フリーである徳永有美アナを『報ステ』に起用したわけですからね。仮に予算削減というのであれば、ありえない人事であり、小川アナにとっては事実上のクビ。おそらく小川アナは報ステを降板になった時点で、いろいろと吹っ切れ、他局でのキャリアアップを模索していたはずです」(テレビ局関係者)

 そんな小川アナは退社から2カ月という異例のスピードで、TBSのメインキャスターとなる。まさにキャリアアップに成功した形だが、TBS局内では反発する声も多いようだ。

「特にTBSの局アナたちは、小川アナの抜擢を快く思っていないでしょうね。誰が考えても、『私たちがいるのに、どうして元テレ朝のアナウンサーをわざわざ使うんだ!』という声はあるでしょう。それこそTBSの局アナを使えば、余計なギャラは必要ないわけで、予算的にもそっちのほうが好ましいはず。しかも、TBSの局アナは他局に比べて給料が安いともいわれている。『私たちの給料は安いのに、ギャラが必要な小川アナを起用するとは、どういうことだ!』と怒っているアナウンサーがいても不思議はありません」(同)

 小川アナがメインキャスターとなるリニューアル後の『NEWS23』では、入社4年目の山本恵里伽アナがサブキャスターとして出演する予定だ。

「全体的に若返りを図るリニューアルだということもあるのでしょうが、他局出身のアナウンサーと入社4年目の若手においしいところを持っていかれるとなれば、先輩アナは黙っていられないでしょう。それこそ現在『NEWS23』に出演している宇内梨沙アナもメインキャスターの座を狙っていただろうし、もうちょっと上の江藤愛アナや古谷有美アナもオファーを待っていたはず。6月以降、TBS局内で『NEWS23』出演メンバーに対する風当たりが強くなるのは間違いないでしょうね」(女子アナウォッチャー)

 波乱含みとなっている『NEWS23』のリニューアルは、成功するのだろうか?

最終更新:2019/05/11 10:00
こんな記事も読まれています

元テレ朝・小川彩佳アナ『NEWS23』の異例の抜擢 TBSアナウンサーがブーイング?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

 洋画や洋楽でおなじみな「F××k」に代表されるスラング。くだけた表現では「F××k...
写真