「ジャンプ」の新連載も短命? ラグビーW杯が盛り上がらないのは「国民的漫画」がないから!

2019/05/29 16:00

「ラグビーワールドカップ2019」 日本テレビ特設サイトより

 果たして、付け焼き刃で人気は広がるのだろうか。

 5月27日発売の「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて、人気漫画『黒子のバスケ』(同)の作者・藤巻忠俊氏の元アシスタント・寺坂研人氏の新連載となるラグビー漫画『ビーストチルドレン』がスタートした。

 今年は9月にラグビーW杯が日本で開催されるため、それに合わせたのだろうが、五輪、サッカーW杯と並ぶ「世界3大イベント」とは思えないほど、現状は盛り上がりに欠けている。

「5月1日放送の『戦え!スポーツ内閣』(MBS)では、元柔道五輪メダリスト・篠原信一が盛り上がらないのはメディアのせいだと猛批判。このままでは200億円の大赤字になると予想されています」(スポーツライター)

 同番組ではMCの武井壮が「ラグビーの『キャプテン翼』(同)みたいなアニメをつくろうよ」と提案していたが、ラグビーが日本でなじみがない理由の一つは「国民的ラグビー漫画」が存在しないことも挙げられるだろう。

「野球なら『巨人の星』(講談社)や『ドカベン』(秋田書店)、サッカーなら『キャプテン翼』、バスケットなら『SLAM DUNK』(集英社)と、競技に興味がなくても日本人なら誰もが知っている名作がある。ラグビー漫画に関しては、実は作品の数時代は決して少なくないのですが、いずれも短命で終わっている。だいたいが小さな体の少年が大男に挑むパターンで、競技の細部を知らずに作っているからか話に広がりがない。『ジャンプ』の新連載も、短命で終わった過去作と同じ匂いがしますし、9月でお役御免となりそうな気がしますね。ラグビー作品で最も有名なのはドラマ『スクールウォーズ』です。W杯開催直前に無理やり盛り上げようとするなら、これを漫画化したほうが早い気がしますね」(サブカル誌ライター)

『キャプテン翼』に憧れてサッカー選手になった人は多いが、ラグビーを日本に根付かせるには、協会、メディアが全力で「国民的ラグビー漫画」を生み出すことが最短ルートかもしれない。

最終更新:2019/05/29 16:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む