日刊サイゾー トップ > 芸能  > 土屋太鳳の姉・炎伽は逸材!?

土屋太鳳の姉・炎伽「ミス・ジャパン」東京大会優勝で批判殺到! 大学時代には芸能界入りのウワサも

FNN.jpプライムオンラインより

 6月3日、都内で「2019ミス・ジャパン」の東京大会最終選考が行われ、女優・土屋太鳳の姉で会社員の炎伽(ほのか)が優勝し、世間で話題となっている。

「ミス・ジャパン」は今年から開催された新たなミスコンテスト。各都道府県で選考が行われ、ファイナリストは9月から行われる合宿に参加。本大会でグランプリに選ばれると、1,000万円の賞金が贈られ、1年間「ミス・ジャパン」としてイベント活動に参加できるというものだ。

 炎伽は名前が呼ばれた瞬間、感無量といった表情を見せ、スピーチでは、普段は会社員であることから「大会に出場するにあたり、家族、友人、職場の方々に理解をいただきました。サポートをくださったみなさまへの感謝の気持ちを込めて、日本一を目指して精いっぱい頑張りたいです」とコメント。さらに、会場には妹の太鳳や声優として活動している弟の土屋神葉も駆けつけ、姉を祝福していた。

 なんとも喜ばしいニュースだが、ネット上ではこの結果に「コネだろう」といった散々な声が聞こえているようだ。

「コネを疑う最大の理由は“身長”です。一応、身長は審査基準には入りませんが、炎伽さんは155cm。東京都代表に選ばれるのには正直、違和感がありますよね。それに、炎伽さんを祝いに太鳳さんや神葉さんら家族で客席から見ていたらしいですが、忙しい2人ですからね。“優勝前提”でないと来ないでしょう(苦笑)。それに、このミスコンは今年から開催の企画。炎伽さんの優勝は話題づくりの一環という見方もあるようです」(芸能ライター)

 しかし、当の本人はそんなことを気にしていない模様。「これを機に芸能界入りも?」という質問に「私らしく輝く場所があったら」と前向きなコメントを残している。

「間違いなく、今後芸能界入りするでしょう。もともと、太鳳さんの人気が出てきたときに、ネットでは”美人の姉”として話題になっていましたし、一時は芸能事務所が獲得に乗り出したとのウワサもありましたからね。そのうえ、明大卒の才女。こんな逸材だったら、どこの芸能事務所も欲しくなる。もしかしたら、もう決まっているのかもしれませんが……」(芸能事務所関係者)

 土屋3兄弟が芸能界を席捲する日も近い!?

最終更新:2019/06/05 09:45
こんな記事も読まれています
関連キーワード

土屋太鳳の姉・炎伽「ミス・ジャパン」東京大会優勝で批判殺到! 大学時代には芸能界入りのウワサものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

読書✕ヤンキー『どくヤン! 』

 もしも読書好きのヤンキーがいたら……いやい...…
写真
インタビュー

加藤ひさしが語る32年間の軌跡

 ザ・コレクターズは不思議なバンドだ。1987年にメジャーデビューして以来、アルバム...
写真