日刊サイゾー トップ > 芸能  > 沢尻エリカ「中国での復帰」はない?

のりピーとは事情が違う!? 沢尻エリカの「中国での復帰説」が実現しない理由とは

文=廣瀬大介

沢尻エリカ容疑者

 合成麻薬MDMAを所持していたとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕された女優・沢尻エリカ。来年放送予定だったNHK大河ドラマ『麒麟がくる』は再撮のため初回放送日を延期するなど、多方面に影響が出ているが、その一方で早くも復帰を待ちわびる声が上がるなど、世間との温度差も際立っている。

 夕刊フジ(11月27日付)では、芸能文化評論家の肥留間正明氏による「沢尻は、酒井法子と同じように、アジア諸国で人気が高いのです。日本での需要がなくても、アジア諸国を回れば、まだまだ引く手あまたになることは間違いない」とのコメントが掲載されている。

 肥留間氏がいう「アジア諸国」の中で筆頭に挙げられるのは、沢尻・酒井の人気度、芸能市場の大きさからしても中国だろう。しかし、現実はそう甘い話ではなさそうだ。

 2009年に覚せい剤の所持・使用で逮捕された酒井は、日本の芸能界では活動休止に追い込まれた。ところが、3年の執行猶予期間も明けぬ11年、のりピーファンも多い中国で政府主催の違法薬物防止キャンペーンで禁毒大使に任命されるとメディアへの出演を活発化させ、ここ数年も中国・台湾・香港など中華圏を中心にコンサートやディナーショーを行った。

 中国での人気ぶりでは、沢尻も負けてはいない。05年に出演したドラマ『1リットルの涙』(フジテレビ系)が中国でも放送されたことをきっかけに中華圏で沢尻ブームが起こり、非公式ファンクラブ「沢尻会」の会員は1万人を超えている。

 しかし「酒井のように沢尻が中国進出できるかといえば、そうはいかないでしょう」と指摘するのは、中国の芸能プロモーターZ氏だ。 

「中国が酒井を受け入れた時とは時代が違います。18年、習近平政権は国内に蔓延する違法薬物の一掃を掲げ、目下、麻薬取り締まりを強化しているところ。それに、習政権には繰り返したくない過ちもある。14年に大麻使用の容疑でジャッキー・チェンの息子、ジェイシー・チャンが中国当局に逮捕された。ジェイシーは北京市内のマンションで大麻100グラムを所持しており、自身での使用のほかに売人疑惑も持ち上がっていて、死刑の可能性を指摘するメディアもあったほど。しかし、下されたのはわずか6カ月の実刑判決。これには『親がスターだと違法薬物をやっても刑罰が軽くなるのか』との不満の声が上がり、中国人民は司法不信を一層深めることとなったんです。

 特に今は、香港問題や米中貿易摩擦など、対処しなければならない課題が山積み。習政権にとって、芸能人の違法薬物事件に甘い態度を見せれば、国内の不満が一気に政府に向けられる可能性もある」

 さらに、薬物乱用に対する中国の世論も、以前より厳しくなってきているという。

「最近では、酒井の中国での活動に関しても『中国を違法薬物中毒者の復帰の場に利用するな』『中国では違法薬物に関われば死刑になることもあるのに、そうした人間が芸能活動するのには納得がいかない』『日本で仕事がなくなったから、中国で出稼ぎしてるようにしか見えない』などといった批判がSNSなどで湧き起こっています。そんななか、沢尻に対しても寛容な態度ではいられないでしょう」(同)

 中国は、もはや前科者芸能人の再生の場所ではないようだ。

(文=廣瀬大介)

最終更新:2019/12/04 14:00

のりピーとは事情が違う!? 沢尻エリカの「中国での復帰説」が実現しない理由とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

クールジャパンを暴いた衝撃の書

 日本のクールジャパン政策、中でも映画やアニメなど映像産業の振興政策がうまくいってい...
写真