日刊サイゾー トップ > カルチャー > YouTube  > YouTuberゆたぼん騒動

賛否両論を巻き起こしたYouTuberゆたぼん騒動

文=「サイゾー」2020年4・5月合併号

賛否両論を巻き起こしたYouTuberゆたぼん騒動の画像1
「少年革命家ゆたぼんチャンネル」より

――去年話題を集めたのが、「少年革命家ゆたぼんチャンネル」を配信する、不登校YouTuberのゆたぼんである。

「算数は電卓で計算したらわかる。漢字はわからなければググればいい。Siriに聞けば教えてくれるから、学校には行かんでいい」と主張する麦わら帽子の少年、ゆたぼん。不登校になったきっかけは、小学校3年生のとき、親や先生の言うことを黙って聞いている同級生がロボットのように見え始め、宿題をやったら自分までロボットになってしまう、と思うようになったことだという。

 キャッチフレーズは「人生は冒険だ! 自由に生きよう! 死んだらアカン!」。テレビなどで一躍有名になったゆたぼんだが、賛否両論の声を巻き起こし、多くのYouTuberが「学校には行かなくてもいい」という彼の主張に反論する動画を投稿した。

 ゆたぼんの「学校にも行かなくてもいい」という動画を視聴すると、次の動画として、メンタリストDaiGoが世界の論文をもとに学校に行くメリットを説明する動画が上がってきたりするが、これはグーグルの意図的なプログラムなのだろうか? 不登校になってから一家で大阪から沖縄に移住したというが、同年代の彼女ができたという動画まで投稿し、ネット民よりもリア充であるところを見せつけたり、今年のエイプリルフールには「パパが捕まった」という動画を投稿したり、ますます意気軒昂である。子どもたちが学校に行きたくても行けない状況になりつつある今、「学校に行かなくてもいい」というゆたぼんの主張も、一層説得力が増しつつあるともいえる。

「サイゾー」2020年4・5月合併号【特集:YouTube”新”論/実録・狂気の関西ラップ】より

最終更新:2020/06/06 13:00

賛否両論を巻き起こしたYouTuberゆたぼん騒動のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ拡大!芸能界も大騒ぎ!?

芸能界もさまざまな主張・行動で大騒ぎ!
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

“町おこし”で地方がダメになる?

 いま日本の各地で「地方創生」が注目を浴びている。だが、まだ大きな成功例はあまり耳に...
写真