日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > 大島優子、思い出される過去の「問題発言」

林遣都と結婚の大島優子、元AKB48では好感度No.1も…思い出される過去の「問題発言」

文=浜松貴憲(はままつ・たかのり)

林遣都と結婚の大島優子、元AKB48では好感度No.1も…思い出される過去の「問題発言」の画像1
大島優子(Getty Imagesより)

 俳優の林遣都との結婚を発表した大島優子。大島といえば、AKB48の元メンバーの中でも特に業界内好感度が高いと言われている。

「AKB48の元メンバーというと、何かとスキャンダラスな話題も多く、芸能マスコミのターゲットになりやすいわけです。でも、大島については妄想レベルのものは除いて、意外と目立ったスキャンダルもなく、それどころか定期的にアゲ記事も出てくる。他のメンバーに比べて、マスコミ対応がいいことも影響しているのでしょうが、とにかくマスコミの中では好感度の高いメンバーとされていますね」(ベテラン芸能記者)

 そんな大島だが、過去には“ありえない発言”をしたこともあった。

「2011年の第3回AKB48選抜総選挙での大島のスピーチは、アイドル史上に残る“最悪な発言”でしたね」(アイドル雑誌編集者)

 2010年の第2回の選抜総選挙で1位を取った大島。翌2011年では2連覇がかかっていたものの、第1回覇者である前田敦子が1位に返り咲き、大島は2位となった。この時、大島は順位発表後のスピーチで「私にとって票数はみなさんの愛です」と発言した。

「票数というのはCDの売上枚数のこと、つまりファンがどれだけお金を使ったかということです。大島の発言は『お金=愛』と言っているわけで、裏を返せば“お金をかけないファンは愛が足りない”ということ。まさに売上順位を競うホストと同じ発想です。大島本人はファンからの愛情を感じていたかもしれないけど、ファンに対する愛情のない発言ですよね」(同)

 とはいえ、当時のAKB48選抜総選挙では、順位発表後のスピーチでいかに“上手いことを言うか”が注目されていた時期であった。

「大島も見出しになるようなフレーズを入れ込まなければならないと思い悩んだ末、『票数は愛』というフレーズを出したのでしょうね。AKB48全体が“総選挙脳”に侵されていたがゆえの失言だったと考えることもできます」(同)

 そして、当時の芸能マスコミでも、この発言は感動的な名言として大きく取り上げられた。

「当時、大島の発言を批判的に捉えるマスコミがほとんどなかったのは、驚きでしたね。AKB48内部だけでなく、マスコミもまた“総選挙脳”になっていた証拠ですよ。AKB48の大ブームがいかに異常で、誰もが正しい判断能力を失っていたかということを今さらながらに実感します」(同)

 なにはともあれ、大島と林の結婚生活がよりよいものになることを願っている。

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

1980年生まれ、東京都出身。大学卒業後、出版社に入社。その後、いくつかの出版社を渡り歩いた末に、現在はフリーライターとして、テレビ番組、お笑い、YouTubeなど、エンターテインメント全般について執筆している。

最終更新:2021/08/07 17:00

林遣都と結婚の大島優子、元AKB48では好感度No.1も…思い出される過去の「問題発言」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

年末恒例お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

秋篠宮さま、埋めがたき親子の“距離”

今週の注目記事・1「創価学会が恐れるオウム以...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真