日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 西武・辻監督「辞任一転留任」報道に関係者失笑

西武・辻監督の「辞任一転留任」報道に関係者失笑の理由

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

西武・辻監督の「辞任一転留任」報道に関係者失笑の理由の画像
どう落ち着くのか

 プロ野球・埼玉西武ライオンズの辻発彦監督が来シーズンも続投する可能性が浮上していることを12日から13日にかけてスポーツ紙などが一斉に報道した。一旦は今シーズン限りで退任すると報じられていたのが、話が二転三転する珍事。プロ野球関係者からは失笑が漏れている。

 2017年シーズンからチームの監督として着任した辻氏は、3年連続パ・リーグ4位以下だったチームをいきなりAクラスへと押し上げた。2018年には10年ぶりのリーグ優勝を実現し、翌2019年も2年続けてパ・リーグ制覇を成し遂げた。今シーズンも大きな期待がかかっていたものの、選手に故障者が続出した影響でリーグ5位に低迷。すでにクライマックスシリーズに進む道も断たれている。

 そんな折、一部スポーツ紙は、松井稼頭央2軍監督が来シーズンから1軍監督に昇格すると報道。現役時代から人気・実力共にあった人物だけに期待感も高まっていたが、ここにきて急転直下、辻監督留任の話が流れてきた。辻体制が継続された場合は、松井2軍監督が1軍ヘッドコーチに就き、帝王学を勉強するプランも浮上している。

 プロ野球関係者は「今年は北海道日本ハムファイターズの栗山英樹監督も退任、中日ドラゴンズも与田剛監督が辞任を申し出るなど、プロ野球界の勢力図が大きく変わる時期になった。ただ、辞任や退任から一転、留任となるケースは過去を振り返ってもあまりない。西武はここからチームが連勝記録を作っても日本一になることもできないし、報道のとおり話がころころ変わっているのなら、現場は大混乱している証拠にもなる」と状況を見守っている。

 これだけ振り回されて困るのは現場の関係者だろう。別のプロ野球OBは「監督が変わるか変わらないかによって、選手起用はもちろん、今なら2軍連中が集まっている宮崎フェニックスリーグの派遣メンバーや、来年2月の宮崎・高知でのキャンプメンバー振り分けにも響いてきます。選手は当然のこと、裏方も表立って口にすることは少ないでしょうけど、内心は『早く決まってくれよ』と焦っているのでは」と推測する。さらに、「ただ、球団やフロントとしての方針が一旦は出たのに、話が急転するのはやっぱり球団としては恥ずかしいこと」と失笑を隠さない。

 セ・リーグで同じ4位以下のBクラスの中日ドラゴンズは来シーズンから立浪和義氏に新監督を打診、受諾する流れができ、コーチ人事の組閣の話も報道されるようになった。準備を早くすればするほど組織としてまとまる時間も短く済む。西武球団の資質が問われている。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2021/10/19 17:00

西武・辻監督の「辞任一転留任」報道に関係者失笑の理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

年末恒例お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

秋篠宮さま、埋めがたき親子の“距離”

今週の注目記事・1「創価学会が恐れるオウム以...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真