日刊サイゾー トップ > 芸能  > 綾瀬はるかと佐藤健、一線越えた?

綾瀬はるかと佐藤健の熱愛説が再燃、3年前には“一線を越えた”親密場面も…?

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

綾瀬はるかと佐藤健の熱愛説が再燃、3年前には“一線を越えた”親密場面も…?の画像
綾瀬はるかと佐藤健(Getty Images)

 綾瀬はるかと佐藤健に熱愛再燃説が囁かれ始めている。

 きっかけとなったのは、11月26日発売の「FRIDAY」(講談社)。東京・品川駅の新幹線改札口から楽しそうに歩いてくる2人の姿がキャッチされたのだ。

「この2人は、年明けの1月2日に放送される『義母と娘のブルース』2022年謹賀新年スペシャル(TBS系)で共演しており、遠方での撮影から一緒に帰京したようです。同誌によれば、マネージャーもそばに居合わせたようですが、2人が並んで歩くのを止めることもなく、綾瀬が佐藤を『タケちゃん』と呼んでいたと仲の良さをレポートしています」(芸能記者)

 実はこの2人、過去にも親密ぶりが何度もクローズアップされており、いつ熱愛に発展してもおかしくはない……などと報じられてきたものだった。

「2013年にW主演した映画『リアル~完全なる首長竜の日~』で恋人役を演じ急接近。公開直前の同年5月27日に放送された『しゃべくり007』(日本テレビ系)では、あまりの仲の良さにMCのくりぃむしちゅー・上田晋也から『どう? 付き合うのは』と水を向けられると、佐藤は最初こそ『ウケますよ! 俺らが付き合ったら。まぁ、ないですね』と笑い飛ばしていたものの、笑顔の綾瀬の顔をのぞきこんだ後に、『ありますね』と話していました。

 次に同じ作品に出たのが『ぎぼむす』こと綾瀬主演のドラマ『義母と娘のブルース』(2018年)でしたが、同作の番宣で『ぴったんこカン・カン』に出演した際、屋外ロケで佐藤が綾瀬の靴ヒモを結んであげるシーンがあったことから、“一線を越えた関係”ではないのかと、芸能記者をざわつかせました。また、同年7月放送の『関口宏の東京フレンドパーク』スペシャルでは、『ぎぼむす』『この世界の片隅に』『チア☆ダン』の3つのドラマ出演者が顔を揃えたのですが、当時、綾瀬との結婚説が囁かれていた松坂桃李が『この世界の片隅に』の出演者だったため、綾瀬との共演に注目が集まりました。しかし番組では、綾瀬が4歳年下の佐藤に信頼を寄せていることがうかがえ、松坂よりむしろ佐藤との仲が気になったほどです」(芸能記者)

 綾瀬といえば、昨年7月に一部で韓国の俳優ノ・ミヌとの交際疑惑が取り沙汰されたが、翌月、綾瀬がイベントで完全否定。今年8月に新型コロナに感染して以降は、周囲に「本気で早く結婚しないと」とこぼしていたとも報じられている。

 一方の佐藤は、最近も上白石萌音、有村架純といった共演女優との関係がウワサされたが、いずれも決定的な現場はないまま。しかし、昨年3月のライブ配信の中では「35歳までには結婚したい」と話していたほか、今年4月の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)では「何歳で結婚するのがベストなんだろう、っていう悩みがあります」と明かし、翌月放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)では「やっぱりいつか結婚はしたい」と話すなど、ここ最近、結婚願望を語る機会が増加。今年3月に事務所を独立したのは「結婚の準備では?」とも囁かれた。

「『ぎぼむす』の撮影現場は、共演者同士の待機場所が屋外にあったため休憩中の様子が丸わかり。綾瀬の出演がない場面では、佐藤はスマホをいじりながら時間を潰していて、上白石萌歌とは距離をおいていたようです。姉の萌音との関係性もあってギクシャクしてしまったのでは……なんて想像もしていまいますね」(前出・芸能記者)

 もし佐藤と綾瀬が交際しているのであれば、年末年始は絶好の番宣チャンス。大物カップルの電撃婚がまたも世間を騒がすのか?

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

最終更新:2021/12/03 06:00

綾瀬はるかと佐藤健の熱愛説が再燃、3年前には“一線を越えた”親密場面も…?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

大混乱のアメリカが「進むべきとき」

 アメリカの連邦最高裁判所が24日、女性の人...…
写真
インタビュー

コロナ禍をサバイブするミニシアターの現状

 いま、ミニシアターが揺れている。ミニシ...…
写真