日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 松本潤、『ジャニフェス』演出で株爆上げ!

嵐・松本潤、『ジャニフェス』総合演出で“プロデューサー”として株爆上げ!

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

“嵐・松本潤、『ジャニフェス』総合演出で“プロデューサー”として株爆上げ!の画像
松本潤(写真/Getty Imagesより)

 昨年12月30日、ジャニーズ事務所所属のアイドルグループが総出演するライブイベント『Johnny’s Festival ~Thank you 2021 Hello 2022~』(ジャニフェス)が開催された。

 総合演出を嵐・松本潤が務めたことで話題を呼んでいたジャニフェスだが、予想をはるかに超える出来栄えに高評価を得たようだ。

「同公演にはKinKi Kidsをはじめ、デビューしたてのなにわ男子までデビュー組の計13組が登場。各グループのパフォーマンスはもちろんのこと、グループ同士のコラボや、SMAP『SHAKE』、嵐『Happiness』、V6『愛なんだ』といったレジェンドアーティストたちの名曲カバーを全グループで披露したりもされました」(芸能記者)

 松本の演出で話題となったのが、無線制御型ペンライト(通称・フリフラ)の使用や、巨大ムービングステージなどの最新技術。ただ、それ以上にファンを魅了したのが歌の選曲やセットリストの構成部分だった。

「松本は全グループの楽曲を聞き込み、セットリストは練りに練ったとのことですが、まさに長年にわたって嵐のコンサート演出を担当してきた松本だからこそできたものだったとも言える。キャリアや売れている売れていないに関係なく、どのグループに対しても見せ場が作られていました。半導体の高騰などの影響により、嵐のコンサートで使用したフリフラをリユースする形となったため、始まる前は“嵐のコンサートと一緒になってしまうのでは”などと懐疑的な見方もありましたが、結果的には松本の演出に多くのファンが満足したフェスになったようです」(音楽関係者)

 その中でも、特にファンを胸アツにさせたのがSexy Zoneが「RUN」を歌った際の演出だったという。

「ラストのサビでフリフラを使って、会場全体が活動休止中のマリウス葉のメンバーカラーであるオレンジ色に染まりました。メンバーも知らされていなかったようですが、『セクゾは5人』だという松本からのメッセージと見ていいでしょう。ファンからも『そういう細かい所まで考えられているところが最高です』『素晴らしいジャニフェスをありがとう』『マリウスのメンバーカラーの一面のオレンジと歌詞の太陽が完璧にリンクしてて、潤くん天才すぎ』などと絶賛コメントが飛び交い、公演後には『マリウス』がTwitterでトレンド入りしていたほどです」(前出・芸能記者)

 松本は以前から嵐のコンサートの演出などを手掛けてきたが、前出の音楽関係者はこう賞賛する。

「ストイックでこだわりが強すぎるため、以前はどうしても独りよがりに見える部分があって、ジャニーズ内でもプロデューサーという立場にはふさわしくないのではという見方がありました。しかし今回、ジャニフェスが大成功となったのは、裏方に徹した松本の功績が大きかったのは間違いない。かなり株を上げたと言ってもいいでしょうね」

 大河ドラマも控え、役者として大忙しの松本だが、演出家・プロデューサーとしての手腕もますます評価されることになりそうだ。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2022/01/07 18:00

嵐・松本潤、『ジャニフェス』総合演出で“プロデューサー”として株爆上げ!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

ユーチューバー宮迫博之、逆風止まず

 焼肉屋「牛宮城」の開業を目指し奔走中の元お...…
写真
インタビュー

EXILE世界が選ぶ2020年最高のアニメ

──2020年は新型コロナウイルスに振り回される一年だったが、それでもエンタメ業界は暗い...
写真