日刊サイゾー トップ > 芸能  > 木下優樹菜、YouTubeの更新が止まったワケ

木下優樹菜、“公開イチャつき”インスタに反してYouTubeの更新は止まったワケ

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

木下優樹菜、“公開イチャつき”インスタに反してYouTubeの更新は止まったワケの画像
飽きちゃった?

 2019年の“タピオカ騒動”をきっかけに芸能活動休止に追い込まれ、すったもんだの末に2020年7月に事務所退社とともに引退したものの、昨年11月に芸能活動再開の意向を表明したタレント・モデルの木下優樹菜。

 昨年10月、涙ながらに騒動について語った動画は475万回を超える再生回数を叩き出し、YouTuberとしては好調なスタートを切ったかのように見えた。しかし、その後にアップされた動画の再生回数はやはり減る一方で、昨年12月24日以来、1カ月以上動画は更新されていない。

 一方、2020年9月に新規アカウントを作成し真っ先に再開させたInstagramについては定期的に更新されており、2月4日には、ストーリーズ機能を使って露出多めのほろ酔い写真を公開。白ワインを手に、胸元ものぞく上半身写真2枚とともに「ご無沙汰でいす」「最近少し飲んだら顔が赤くなるの恥ずかしいです てゆ 報告しとくね」などと投稿したが、ネット上では「どのへんに需要あるんですかね?」「場末のスナック感」「こういう感じ来ますかあ」などと、冷めたコメントが飛び交っているようだ。

「タレント全盛期はインスタのフォロワー数は500万人を超えていましたが、今の新規アカウントはその10分の1程度。YouTubeのチャンネル登録者数にいたっては5万人にも満たない状況です。成功している芸能人YouTuberやインフルエンサーらと違って、木下には武器と言えるものがない。YouTubeチャンネルは、大食いやルックブックなど“らしい”企画をいろいろと取り入れており、ショート動画でも数万回を記録するなど根強い支持も感じられますが、再生回数のある動画ほどコメント欄はアンチからの嫌味なコメントで埋め尽くされる。逆にインスタのコメント欄は比較的治安がいい。コメント欄のアンチにウンザリしたというのも、YouTubeの更新が止まっている理由の一つではないでしょうか。まぁ、TikTokのほうはアカウントを開設した2020年10月に大量に投稿した後、一気に更新ペースが下がり、昨年8月の更新を最後に放置状態なので、YouTubeについても単に飽きてしまった、面倒臭くなったという可能性も高そうですが……」(YouTubeライター)

 Instagramでは、交際中のJリーガー・三幸秀稔選手とタイミングを合わせて、同じ食卓の写真や、同じブランドの服を着た写真をそれぞれ投稿するなど、“公開イチャつき”も話題になっている木下。もはや芸能活動にしがみつかずに、「アスリート妻」を目指したほうが幸せなように見えるが……。

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

最終更新:2022/02/10 08:00

木下優樹菜、“公開イチャつき”インスタに反してYouTubeの更新は止まったワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

後白河法皇よりも“くわせもの”だった丹後局

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

前田日明と「リングス」の曳航(4)

【「天涯の標」Vol.1はこちら】 【「天涯の標」Vol.2はこちら】 【「天涯...
写真