facebook
twitter
人気連載
矢印

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

池脇千鶴が“ジョゼ虎”以来となる本格覚醒だ! 10年に一度の勝負作『そこのみにて光輝く』
写真

オススメ情報
矢印

編集部厳選!「きょうのおっぱい」

やわ肌Fカップグラドルが、Tシャツをハサミで切られちゃった!?
写真

イチオシ企画
矢印

“STAP騒動”小保方晴子劇場 第3幕は法廷論争か!?

涙の会見は吉と出たのか凶と出たのか――。小保方騒動を追う。
写真

インフォメーション
矢印

俳優・神木隆之介はオタだった!?

神木隆之介がバラエティに出ない意外な理由 プライベートが"オタ"すぎてNG!?



 >  >   > 完全に一致!? フット後藤とジャニーズ「A.B.C-Z」河合郁人がそっくり過ぎる!
テレビ辛口研究所

[ 関連タグ ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check


91GOOXqvLPL._AA1500_.jpg
『フットボール刑事(デカ)の芸人
家宅捜査』(よしもとアール・
アンド・シー)

 今年最もテレビに出演した有吉弘行も「話題の入り方が達者」と評価するなど、数々のバラエティー番組で引っ張りだこだった芸人・フットボールアワーの後藤輝基。

 M-1優勝経験者であり、関西の番組でのロケ経験値の豊富さなどから、ツッコミも仕切りもできて、トーク力は抜群。ブレークしそうで、なかなかしなかったのは、関西色が強すぎたからだろう。

 ところで、そんなフットボール後藤に「そっくり」と一部で話題のアイドルがいることをご存じだろうか。

 アイドルの王道・ジャニーズにあって、ビジュアルよりもダンス・アクロバットなどが売りという稀有な5人組の"技能集団"「A.B.C.‐Z」の一人・河合郁人だ。

 フットボールアワー・後藤に「そっくり」と評判なのは、まず見た目! 本人も似ていると言われることをたびたび語っているし、実物を見たファンなどからは「予想以上にフット後藤にそっくりだった」といった声が挙がっている。

 おまけに、もともと「A.B.C.‐Z」河合のファンだったが、河合に似ているという理由から注目するようになり、近年、フットボールアワー後藤まで好きになったというファンもいるほど。

 さらに、似ているのは、顔ばかりではない。ジャニーズの中では「トークがうまい」ことで知られており、後輩たちからトーク力の目標にされていることもしばしば。比較的ナルシストのフットボール後藤に比べ、自虐ネタも多く、自らを「馬に似ている」と言い、馬ネタでよく笑いをとっている芸人的なところもある。

 ところで、長年先輩たちのバックダンサーを務めてきた「A.B.C.‐Z」が2012年にデビューすることが、先日報じられた。ジャニーズ初の"DVDデビュー"である。発表にあたり、報道陣に対し、「CDを聴いてもらうより実際にパフォーマンスを見ていただいたほうがみなさんに魅力が伝わるのではないかと思って、ジャニーさんに提案した」とジャニー氏の代弁者的に伝えていたその人が、まさにアイドル界のフット後藤・A.B.C.‐Zの河合だったのも印象的だった。

 CDではなくDVDデビューという特殊ケースとはいえ、いよいよトーク力も世間に向けて披露できる機会が!? これについて、ジャニーズに詳しい編集者は言う。

「A.B.C.‐Zはポニーキャニオンからデビューが決まりましたが、残念ながらCDデビューではないので、PRとして歌番組などに出られる機会はあまりないと思いますし、そうなると、ジャニーズファン以外の世間に幅広く知ってもらうのは難しいと思います」

 では、フット後藤に続くブレークは......?

「大掛かりなブレークは難しいでしょうが、実は河合個人は今年、かんぽ生命のCMオーディションに受かり、CMデビューを果たしています。ハリのある歌声は、下積みの長さの賜物で、まったく素人感がありませんでしたので、意外なところで今後注目される可能性はあるかもしれません」

 地味ながら、「アイドル界のフット後藤」にひそかに注目していきたいものだ。


フットボール刑事(デカ)の芸人家宅捜査


う~ん、似てるw


amazon_associate_logo.jpg




[ オススメ記事 ]

PR


powered by newziaコネクト
[ ジャニーズ総合 最新記事 ]

PR


PR





注目のキーワード

オススメ情報

サイゾーメディアの人気記事
トピックス

日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。