トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed

人気連載

ITライター柳谷智宣の「賢いネットの歩き方」

Google Playがまたやらかした! 人気アプリに偽装したマルウェアが審査通過、DL時には十分注意を
写真

オススメ情報

大人こそが励まされる、中島健人の「一生懸命は美徳」

主演映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』で中島健人の「サービス精神」がダダ漏れ!
写真

イチオシ企画

ベッキー復帰計画が暗礁へ?

『金スマ』出演に批判殺到! 事務所のもくろみ外れた復帰計画の行く末は――?
写真



 >  >   > 瀧本富士子が業界を大ぶっちゃけ!
宍戸留美×小明×VoiceArtist『声優onFINDER!』
宍戸留美×小明×Voice Artist【声優 on FINDER!】vol.37

[ 関連タグ ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

takimotoIMG_8743

 元祖フリーアイドルで声優のルンルンこと宍戸留美さんが、自らカメラマンとしてかわいい声優さんたちの写真を撮り、さらにアイドルライターの私(小明)がインタビューする不思議な連載の37回目! 今回は『魔法陣グルグル』のニケ、『超者ライディーン』の大鳥疾風、『まほろまてぃっく』の美里優など、多くのアニメで主役を演じる瀧本富士子さんが来てくれました!

――25周年、おめでとうございます! 具体的には、いつがデビューだったんですか?

瀧本 ありがとうございます。もう本当のデビューの月も忘れちゃって(笑)。けっこうみんな覚えているみたいなんで、私も「絶対に忘れちゃいけない」と思って何度も紙に書いたんですけど、結局その紙ごとなくしちゃうんですよねぇ……。

――大丈夫ですか? 銀行口座のパスワードとか覚えられてますか?

瀧本 大丈夫、忘れたら大変なことになるから(笑)

――ちなみに、日付はさておき、どの作品でデビューしたかは覚えていますか?

瀧本 えっとー……ふふふふふ。

――覚えていなさそう!

瀧本 多分、一番最初は声の仕事じゃなくって、エキストラだったと思います。あの頃、声優さんばかりでドラマを撮るっていうのがあって、そのエキストラ! 日本ナレーション演技研究所の生徒だったときにいただいたお仕事でしたね。役名があるお仕事だと、うーーーーん、ゲームのお仕事が先だったかなぁ……あ! 朝の番組でモデルをやったのが先かな!? 現場に行ったらビキニを着せられて、お風呂の中で「エクササ~イズ♪」って、痩せるための運動をしました。

――それは、声は出るんですか?

瀧本 出ません。

――(爆笑)!

瀧本 学生の頃に入ってきたお仕事って、アルバイトみたいな感じだったから、みんな楽しかったですね。「声優の仕事はいつできるんだろう?」とは思ってましたけど(笑)。

――声優を志されたのはいつでしたか?

瀧本 子どもの頃から芝居に興味があったんです。でも、小学校には演劇部がなくて、似たものを探して落語部に入って。

――落語部がある小学校の方がレアですよ! じゃあ、演劇部は中学から?

瀧本 それが、中学校にもなくって、高校でやっと演劇部に入れたんです。けど、女子校で、女が少年を演じるのが許されなくて、女子しか出てこない芝居しかできなかったんですよね。残念すぎ。

――でも、その頃にはもう演劇部で声優に向けての下地作りが始まってそうですね。

瀧本 というか、その頃には、もう勝田声優学院で通信教育を受けていたんです。それを受講しながら演劇部をやっていたので、途中で「大阪でやってたら、関西弁は抜けない」って気付いたんですよ。自分では標準語をしゃべれていると思っても、関西のイントネーションが残ってしまうし、周りもみんな大阪人だから、指摘されないでしょ? それで「ダメだこりゃ」って、声優を諦めたんです。高校1年で。

――切り替え早!! では、卒業後の進路は?

瀧本 私、虚弱体質なんですよねぇ。何かあるとすぐ寝こむ病弱さで、親にはずっと「あんたは体がそんななんだから、事務員になりなさい」って言われてて……。私の夢は高校1年でもう諦めちゃったから、「まずは親の夢を叶えましょう」って、就職して事務員になったんです。でも、「違うなぁ。私、馴染めないなぁ」ってずっと思っていて……。他の女の人は「新商品の口紅が~」ってやってるじゃないですか。私、もう、なんの話にも入っていけなくて、年数を重ねるごとに「やっぱり私のいる所はここじゃない」って思うことが増えていって……。それで、就職して4年目に入った頃かな。テレビを見ていたら、素人が出るモノマネ番組をやっていたんですよ。アニメのモノマネをする人も出ていたので、家族と「あんなん私でもできるわぁ~!」なんて言いながら見てたら、「言うだけやったらなんぼでも言えんねん! 悔しかったら出てみぃや!」「おう分かった、出たらぁ!」という流れになって(笑)。それでオーディションを受けたら受かっちゃって、関西代表で東京に行くことになったんです。




[ 関連リンク ]


ページ上部へ戻る

悩殺グラビアすべて見る

Fカップグラドル佐山彩香が水着で爆走!?「じろじろ見られて……」
「ポロリの連続で……」グラビアアイドル松嶋えいみが、“黒テープだけで”体を!?
”リアル峰不二子”Gカップグラドル染谷有香が汁を垂らして!?「いろんな体勢で……」
現役女子大生グラドル忍野さらのGカップが!?「だんだんとはだけて……」
「食い込んで大変でした!」グラドルさいとう雅子がシールだけで“大事なところ”を……!?
“ポロリ事件”のGカップグラドル西岡葉月の“下乳”がたまらん!「イヤラシイ感じになっています!」
「1ミリでもずれたら……」Gカップグラドル森下悠里の“下乳”がスゴイ!
152センチHカップ桃井はるかと、お風呂で“アレ”や“コレ”!?「フラフラでした!」
股下76cm! “超美脚”グラドル渡瀬茜がローションでテッカテカ!?
「1枚ずつ脱いでいって……」Gカップグラドル桐生美希の脱ぎっぷりが生々しくていい!
Hカップグラドル葉月あやのバストを“ヒモ”で……!?「ギリギリで危なかったです!」
「でも、して欲しい……」Fカップグラドル古川真奈美の最新作が“本当に危ない”!?
Gカップグラドル清水みさとが、スク水姿に!?「一言で言うと、高2の青春です」

CYZOトークすべて見る

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士
瓜田、チンコのデカさを見抜く!「ゲス川谷は強烈」「舛添都知事は神の領域」

日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。