トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed

人気連載

サイゾー×SOD緊急連載『明日に向かって勃て』

“コシ”の強さにも注目? 話題のうどん県から清純派AV女優、水樹くるみがデビュー!
写真

オススメ情報

『もののけ姫』の石火矢衆も…祇園祭でも活躍する、中世賎民が担った役目

かつての京都祇園祭では、中世賎民たちが重要な役割を果たしていたという。その役目とは?
写真

イチオシ企画

能年玲奈「のん」に改名で再始動

本名なのに「能年玲奈」を名乗れない!? 改名は吉と出るか、凶と出るか――
写真



 >  >   > 瀧本富士子が業界を大ぶっちゃけ!
宍戸留美×小明×VoiceArtist『声優onFINDER!』
宍戸留美×小明×Voice Artist【声優 on FINDER!】vol.37

[ 関連タグ ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check


IMG_8892

――仕事辞めて東京に来て、また就職!?

瀧本 自分の夢を目指して出て来てるから、絶対に親からの支援は受けませんって断ってたから、親からの仕送りもナシだったので、東京で暮らせるお金は二ヶ月分しかなかったんです。2カ月以内に仕事決めないと、お金が底をついちゃう。だから、東京では、まずハローワークに行きました。

――東京観光もせずに職安……!

瀧本 ハローワークの人に「こういう職を希望してるんですけど」って言ったら「こんなのないと思いますよぉ?」って鼻で笑われて、「こっちは真剣なのに!」って憤りながら「じゃあ自分で探すからいいです!」って別のスペースで探したら、あったんですよ、希望通りの仕事! だから、わざわざその人のところに行って「あ・り・ま・し・た!」って言ってやりました(笑)。そこに面接に行ったらすぐに採用してもらえて、翌日から働きましたねぇ。神様、味方してくれまくり! 初めて世の中に広く名前を知ってもらえた『魔法陣グルグル』(1994年~)の時もそこで働いていたし。

――え!! ニケ、就職してたの!?

瀧本 そう! 「魔法陣だ~!」とか言いながら、会社では「はい、こちら○○○でございます、いつもお世話になっております」って電話うけてました。

――あんな人気アニメの声優が!? 信じられない!! ちなみに、新人声優のお給料って、どれくらいなんでしょうか?

瀧本 日本俳優連合っていう協会があるんですよ。その協会に入っている人と、入っていない人で金額が変わります。

――と、言いますと?

瀧本 入ってる方が、お金がキチッと整理されるんです。ランク付けがあって、そのランクによって金額が決まっていて、登録したばかりの新人はアニメ1本で1万5,000円です。

――ほ、ほう! どの役でも、ですか?

瀧本 はい。主役で死ぬほどしゃべっても、一言「ヤッホ~」だけでも、ギャラは同じです。

――ええええ! そうなんですか! じゃあ、それからベテランになっていくに連れて、ギャラは上がっていくんですか?

瀧本 その人によりますね。アイドル声優だったら、値段をつり上げても出せば売れるから年々上げていく人もいるのかもですけど、実際のところ自分以外の方のギャラがどうなっているかは知りません。一年ごとにギャラ更新があるので、そこで上げると申告すると上がる。本人が決定する事が出来るんです。でも、事務所に所属してる人は事務所との相談ですね。

――わあ……自分で交渉できるなら協会に登録しない方が得って感じもしますけど、それはそれで難しそうですし……うーん、世知辛い!

瀧本 世知辛いですよ! 新人の場合は1万5,000円ですけど、そこから事務所に手数料を抜かれますよね。50%とるところだったら、残りは7,500円で、そこから源泉で750円引かれて、台本を取りに行くなら交通費の電車賃もそこから……ね? お金ないでしょ?

――どう頑張っても5,000円くらいしか残らない! 主役をやっても全然無理です!!

瀧本 事務所によって手数料の%は違うので、所属する際は、調べた方がいいかもですね。かなり手取り金額が変わりますからね。大体の場所は20%~30%が相場ではないかと思いますが。そんな訳で、ずっと普通の仕事と掛け持ちでしたよ。声優業が忙しくなってあんまり普通の仕事に行けなくなってからも、バイトに切り替えて行かせてもらって、7年間は働きましたね。その会社の方とは、今でも年賀状のやりとりしてますよ。

――想像以上に厳しい業界です……! 今まで声優を辞めようと思ったことは?

瀧本 ないです。でも以前、“大人の事情で主役を降板”ってことが、1年で3回重なったことがあったんです。そのときは、自分が戦ってもどうしようもないし、絶対にひっくり返らないし、プライベートもうまくいかなくて、体重が37キロまで落ちちゃって。精神的にきちゃって、食べたくても食べられないし、眠りたくても眠れなくて、それでも仕事はしてるから、周りから心配されてしまってね。私は「痩せられるー!」とか思ってたんですけどね(笑)。この時は辛かったです。

――危機感のなさが余計にヤバイ!

瀧本 でも、洋画の吹き替えの仕事の時、共演の方々に「みんなと一緒なら食べられるんじゃない?」って誘ってもらって、それがすごく美味しくて!「食べられた~♪」って言いながら。 そんなことをしていたら、オーディションなしで洋画ドラマの主役をいただいて、「こんなこともあるんだ、頑張ろう」って。その後も、またオーディションなしでアニメの主役をもらったんです。それが『まほろまてぃっく』(2001年)なんですけど、そのアニメにはすごく助けられました……。私が演じた優くんっていうキャラクターは、両親を亡くして大きな家に一人で住んでいるんですけど、そこに可愛いメイドさんがやってきて、人生が変わっていくんです。どんどん明るくなって、人生が良い方向に向かってくの。私も、優くんと同じようなところにいたので、本当に彼と一緒に明るい方に連れて行ってもらえた感じで……本当に、いつも作品に助けられています。

――良い話! あ、良いお話と言えば、2014年は声優の荻原秀樹さんと結婚されましたね、おめでとうございます!

瀧本 あ、ありがとうございます!

――出会いは……?

瀧本 向こうは私のことをずっと認識してたんですって。『魔法陣グルグル』でニケをやってる時に、学校の生徒がアフレコを見学に来る日があって、彼はその見学者の中にいたらしくって。私も挨拶はしたけど、もともと顔が覚えられなくて(笑)。その後、共演も何度もしてるんです。でも、彼のやった役は覚えていても、彼のことは覚えてないっていう……(笑)

――ヒドイ!!

瀧本 『きこちゃんすまいる』(1996年)も『超者ライディーン』(1996年)もレギュラーで出ていて、そこに彼もゲストで来てたんですよ。他の子が「ヒデ、ヒデ」って呼んでたのは聞こえたけど、彼のことはまったく覚えてなかった(笑)。彼自身のことは、『グラビテーション』(2000年)でようやく認識しました。

――それはまた長い道のりでしたねぇ……。

瀧本 その後、『まほろまてぃっく』(2001年)でようやくクラスメート役で共演者になって、「あ、確か『グラビテーション』で一緒でしたよね?」なんて言ったら、「瀧本さんの中ではそうかもしれないですけど、僕、ずいぶん前から何度も共演してるんですよ(笑)」って言われて、「え! アレも? ああ、アレも? ヒデって呼ばれてたの君だったんだ!?」ってなって(笑)。

――やっと認識!! じゃあ、そこから付き合ってるんですか!?

瀧本 いえいえ、その当時は友達でしたよ(笑)

――長い友達期間を経ての結婚ってどうですか? 新婚とはいえ、一緒にいる時間が長すぎますよね。

瀧本 そうそうそう。だから、ただ籍が入っただけですよ。結婚して変わったこともないですし。普通にモンハンで遊んでたりする(笑)




[ 関連リンク ]


ページ上部へ戻る

悩殺グラビアすべて見る

グラビアアイドル宮脇麻那が“Tバック”で誘惑!「かわいく甘えて……」
Eカップグラドル小島みゆ、女豹のコスで“ベッドシーン”で激しく……!?「セクシーにできたと思います!」
Iカップグラドル菜乃花が、ひたすら踊りまくる!? ポロリは「するよね~という感じです(笑)」
グラビアアイドル橋本梨菜のGカップが“はちきれる”!?「少しでも動くと……」
Eカップグラドル里々佳とベッドで“思い切り”……!?「セクシーに仕上がっていると思います!」
Dカップグラドル熊野はるか、ポロリしまくり!?「すごくきわどくて……」
元・人気レースクイーン春菜めぐみが“徹底的に攻められる”!?「脱がされちゃったりして……」
グラドル青山ひかるのIカップが揺れまくり!「パンツがチラリみたいなシーンが……」
国宝級ヒップグラドル安枝瞳の“アレ”がくっきり!?「死ぬほど恥ずかしくて……」
グラビアアイドル兎月りおの引退作は“3分の1が裸”!?「ギリギリの内容になっています!」
Gカップグラドル今野杏南の“拾われたい願望”!? ボロボロの衣装で、ポロリ!
恵比寿マスカッツ・石岡真衣が更衣室で襲われる!?「プールサイドでどんどん脱いでいって……」
Hカップグラドル白川未奈が“アレ”をむさぼり……!?「お尻も鍛え上げてます!」

CYZOトークすべて見る

次世代の天才憑依型芸人 ロバート秋山
「僕が一番クリエイターなのかもしれない……」

日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。