人気連載

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

殺人容疑で逮捕! 講談社エリートに何があったのか……マンガ編集は「電通をはるかに凌ぐ長時間労働」
写真

オススメ情報

斉藤舞子アナが挑む!アイドルアナから実力派への華麗なる転身

生意気発言で総スカンも、態度を改めたこともあり、次第に仕事も増えていったという。
写真

イチオシ企画

「SMAPがいない2017年」幕開け

昨年12月31日をもって解散したSMAP。キムタク抜きで行われた「食事会」が波紋を広げる。
写真



 >   > 清原和博を苦しめる“覚せい剤後遺症”

「突然ほえたり、前触れなく落ちたり……」復帰絶望!? 清原和博を苦しめる“覚せい剤後遺症”の地獄

 覚せい剤取締法違反の罪に問われ、懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を受けた元プロ野球選手・清原和博。法廷では野球解説者の佐々木主浩氏がサポートの意思を示す場面も見られたが、今の清原は、とても野球界に戻れる状況ではないようだ。「実は、まず大手出版社から懺悔本を出版して、その後、テレビなどの活動を再開させようという...


[ 関連リンク ]

ページ上部へ戻る

日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。