トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真

特集

滝沢秀明、ジャニーさんの後継者に!

タッキーの”フロント入り”で、ジャニーズの勢力図はどうなる!?
写真

人気連載

優しい嘘で塗り固めた『鈴木家の嘘』

 こんなに笑えるシリアスドラマがかつてあった...…
写真

ドラマレビュー

嘘に噓を重ねる『黄昏流星群』6話

(前回までのレビューはこちらから)  年代によってのギャップというのは、誰でも感じる...…
写真


 >  >   > 「ルポライター」の解説書
昼間たかしの100人にしかわからない本千冊 33冊目

キラキラ系メディアなどクソ食らえ!「別冊新評 ルポライターの世界」

※イメージ画像

 最近気づいたのだが、世の中には「ライター講座」と称するものが、いくつもあるようである。それらの説明を読んでみたが、ライターを生業にして稼ぐ方法や、訴求力のあるWebコンテンツの作り方なるものを「人気ライター」などが、教えてくれるらしい。

 これが役に立つのかどうかわからないが、自分には必要のないことだと思った。

 ただ、もしも文章で身を立てたいと思った時に、こうした講座を一度は経験することも必要かもしれない。私自身も二十代の頃、高田馬場にあった日本ジャーナリスト専門学校の夜間部「日本ジャーナリストセンター」に通っていたことがある。取材して書くことで生計を立てている人には、最初は業界への入口を彷徨い、ここの扉を叩いた人も大勢いる。

 それが、果たして何かの糧になったのか。明確に説明できる人は少ない。なんとなく曖昧なままに過去の経験として憶えている。私の場合、どのコースを選ぼうかと思って、文芸創作講座を選んだので、余計に総括は曖昧なままである。いずれにしても、何かを学び、何者かになろうとする決断をするまさにその時は、人生で、もっとも貴重な瞬間の一つだと思っている。

 いま、ルポライターを肩書きにしているが、そもそもルポライターというのが、どういう仕事なのかは、私もうまく説明することができない。人に説明をする時は「自分で取材をして、自分の意見で書く」というスタンスを説明することにしている。

 そんな曖昧さがあるのも、ルポライターというものを解説する書籍がほとんどないからである。竹中労の『ルポライター事始』(現在は、ちくま文庫で刊行)は、すぐれた作品である。肩書きをルポライターとすることを決めて以来、座右の書として揺るぎない。

 でも、年数を重ねるうちに「ほかの視点はどうなのだろうか」と考えるようになる。そんなことを考えた時期に手に入れたのが『別冊新評 ルポライターの世界』(新評社)である。奥付は1980年7月。この頃は、まだ世に「ルポライター」を肩書きとする物書きが多かったのだろう。

 この本に記された、さまざまなテーマの記事は、すでに古びて参考にならないものも多い。例えば松浦総三の手による「戦後ルポルタージュ30選」は、ちょっと古い。選ばれた中には、竹中労『タレント帝国』など、今も読むべき本もある一方で、オールドスタイルのルポルタージュが中心を占めているからだ。

 一方で、今こそ参考にしたいのが佐藤友之による「これがルポライターの収入と支出だ!」である。ここで示されるのは、1980年代当時でも原稿料は現在と変わらないという事実。現在と当時が違うのは、原稿料の安さを「覚悟」として求めていることである。

 800円の原稿を仮に月200枚書いても、月収16万円である。寸暇を惜しんで取材に飛び廻り、資料を読み、土曜日曜もなしに徹夜徹夜を続けて、諸経費を差し引いて手元に残るのは大卒の初任給程度である。

 現在、ルポライターは何千人いるのか定かではないが、マスコミでもよく名の売れているわずかひと握りの著名なライターで、その収入は、大会社の課長クラスだという。多くは、生活費にあえいでいる。前述したように、転職していった者も少なくない。

 昨今の「ライター講座」というものの様子を見ると、前述のようにクライアントにウケる方法、そして、効率よく稼ぐ方法が主題となっているように見える。とりわけ、何か別の目標を立てながら副業としてライターで稼ごう系のものだと、その傾向は強い。

 世間では「キラキラ系」と称されるいくつかのメディアが流行し、持てはやされている。個人で、ネットで公開した1本100円とか200円の短文の「記事」が何本売れたとか、フォロワーが何人いるとかを誇るものが多い。でも、そんなものを誇るのが物書きの矜恃だとはとても思わない。

 仕事なのではない。生き様であると覚悟を決めろ。すでに紙は色あせた1冊の本が、自分の選んだ選択の正しさを確信に近づけてくれている。
(文=昼間たかし)

こんな記事も読まれています

キラキラ系メディアなどクソ食らえ!「別冊新評 ルポライターの世界」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、サイゾーでしか読めないジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。ドラマレビュー/インタビューなどサブカルチャーネタや中韓など海外/社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

サイゾーレビューすべて見る

下町ロケット

TBS/日曜21:00~

新シリーズは竹内涼真が大活躍!?

下町ロケット

今日から俺は!!

日本テレビ/日曜22:30~

伝説のツッパリ漫画に福田組が全力で挑む

今日から俺は!!

SUITS/スーツ

フジテレビ/月曜21:00~

織田&鈴木の『東ラブ』コンビが復活

SUITS/スーツ

僕らは奇跡でできている

フジ/火曜21:00~

高橋一生、ゴールデン初主演で“変人”に

僕らは奇跡でできている

中学聖日記

TBS/火曜22:00~

教師・有村架純が生徒と禁断の恋

中学聖日記

獣になれない私たち

日本テレビ/水曜22:00~

チーム『逃げ恥』が再集結!

獣になれない私たち

PRINCE OF LEGEND

日本テレビ/水曜24:59~

「ハイロー」のLDHがおくる新プロジェクトは「王子」

PRINCE OF LEGEND

リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~

テレビ朝日/木曜21:00~

米倉涼子、医者から弁護士に転身!?

リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~

黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~

フジテレビ/木曜22:00~

佐々木蔵之介と中山美穂の不倫モノ

黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~

大恋愛〜僕を忘れる君と

TBS/金曜22:00~

ムロツヨシが本格ラブストーリーに初挑戦

大恋愛〜僕を忘れる君と

忘却のサチコ

テレビ東京/金曜24:12~

高畑充希が“食べて忘れる”グルメコメディ

忘却のサチコ

ドロ刑 -警視庁捜査三課-

日本テレビ/土曜22:00~

泥棒エンケンが刑事ケンティーの相棒に!

ドロ刑 -警視庁捜査三課-