日刊サイゾー トップ > スポーツ > 格闘技  > 亀田家最後の希望・和毅にも「虚飾に満ちた過去」

亀田家最後の希望・和毅にも「虚飾に満ちた過去」

20071026_kazuki.jpg和毅選手が闘っている姿って、そういや見たことないかも……

 26日、協栄ボクシングジムにて、亀田家の長男・興毅選手による謝罪会見が行われた。先日の試合における、弟・大毅選手への反則指示などについて、「申し訳ありませんでした」と謝罪し、反省の意を示した。会場には父親・史郎氏の姿は見えなかったが、同ジムの金平会長によると、本人も大毅選手への反則指示は認めているとのことだった。連日騒がれ続けている亀田家騒動に、これでひとつの区切りがついたことは確かだろう。

 ところで、この騒動の中で一人置いてけぼりをくっているのが、三男の和毅選手。父・史郎氏や二人の兄からは「亀田家の中でも最高の才能の持ち主」と評価され、マスコミも「2008年の北京五輪でメダルを取る逸材」と早くから騒いでいたが、兄二人を見ている限りでは怪しいものだ。というか、和毅は今年に入り、あっさりと北京五輪出場を断念、アマチュア選手として海外で試合をこなしている。だが実は、彼が五輪に出られないことなど、はじめからわかっていたことなのだ。

 本誌では、兄・大毅と同様に早くからこの三男の過大評価に疑問を抱いており、すでに調査をしていた。その際発覚した“仰天の真実”を、ここで改めてお伝えしたい。考えてみれば、和毅の北京五輪出場についても、TBSがもっとも煽っていた。同局はまさに、“亀田幻想”を作り上げてきた共犯者なのだ。

※以下、「サイゾー」2006年8月号より抜粋

プロ世界一より難しい五輪金メダル

 この三男坊、兄2人が口を揃えて「天才」とたたえ、父親の史郎氏は「兄弟の中で、いちばんセンスがある」と断言するほどの逸材。この和毅クンの当面の目標は、2008年開催の北京五輪で金メダルを獲ることだという。

 この「金メダル宣言」は、ことあるごとにマスコミでも取り上げられてきた、いわば和毅クンの代名詞。とはいえ、これは大変なことなのである。

「アマチュアは、トーナメント制で、プロのように、プロモーターであるジムに有利なマッチメイクなどできない世界。問答無用でさまざまなタイプの選手と戦うことになるため、真に強い選手しか生き残れないんです」

と語るのは、某有名ボクシングジムのオーナーだ。

「モハメド・アリは言うに及ばず、シュガー・レイ・レナード、デラ・ホーヤ、レノックス・ルイス……と、昔からプロで破格の成功を収める選手は、まずメダリスト。五輪で金メダルを獲るということは、プロで複数階級を制覇するより難しいかもしれない」(同)

 そこまですごいことを成し遂げようとしていたのか! こうなったら、和毅クンには日本のためにも頑張ってほしい。

びっくり! 和毅選手の前に、“実力”よりはるかに高い壁

 ところが、ここで大問題が発覚! アマチュアの競技規定にある「オリンピック・ゲーム、アジア競技大会、アジア選手権大会等は17歳以上でなければ参加できない」という点に、和毅クンが引っかかるのではないかというのだ。

 和毅クンは1991年7月12日生まれ。北京五輪は、08年8月8日から開催されるから、ぎりぎりだが17歳にはなっている。ただし、五輪に出場するには、それ以前に厳しい予選を勝ち抜かなくてはならない。この予選に関しての年齢規定は、どうなっているのか?

「もちろん、17歳以上でなければ出場できません」と説明するのは、日本のアマチュアボクシングを統轄する、社団法人日本アマチュアボクシング連盟。

「アジア予選は一次、二次、三次とありますけれど、三次だって五輪の年の前半には終わってますから、五輪直前に17歳になるというのでは無理です」

 そんな~。本人も家族も出る気マンマンだが、なんとかならないの? 

「無理ですね。年齢規定は、ボクシングという過酷な競技において、少年を保護するためのものです。そもそも五輪代表とは、全日本・国体などのタイトルを獲るなどして強化選手に選ばれ、さらにアジア選手権などで良い成績を残した上で選出されるんです。亀田選手のように、そういったシビアなキャリアを積まず五輪代表に選出ということは、ちょっと考えられませんね」

 なんと、亀田和毅、早々と北京五輪出場ならず! しかし、これでは中学校にもほとんど行かず一生懸命練習している(それも問題アリだが)和毅クンが、かわいそうすぎはしまいか?

 そもそも父親の史郎氏は、世間を煽るだけ煽っておいて、この事実を知らなかったとでもいうのだろうか。本気で息子を五輪の舞台に立たせたいと思っていたのなら、少しは調べておくべきだと思うのだが……。
(双田譲治)

【関連記事】 亀田謝罪でストップ高? 内藤選手“株”の市場価値
【関連記事】 亀田大毅の反則行為は、史郎の作戦?
【関連記事】 亀田大毅敗戦! 興毅は大丈夫?「実力の正体」に迫る(前編)

最終更新:2013/02/12 11:36
こんな記事も読まれています

亀田家最後の希望・和毅にも「虚飾に満ちた過去」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

神の沈黙を描き切った注目の新鋭監督

 神さまは本当にいるの? 人間は死んだらどうなるの? 誰しも子どもの頃に頭を悩めた問...
写真