日刊サイゾー トップ > スポーツ > 格闘技  > 亀田大毅の反則行為は、史郎の作戦?

亀田大毅の反則行為は、史郎の作戦?

20071019_kameda.jpg各局こぞってトップニュースに(↑フジテレビ『フジニュースネットワーク』より)

 試合前の挑発的な勝利宣言とは裏腹に、反則行為による減点など、結果は見るも無残な大差の判定負けを喫した亀田一家の次男・大毅(18=協栄ジム)。「神聖なリングを冒涜した」として、日本ボクシング・コミッション(以下、JBC)は、15日、大毅に一年間のライセンス停止処分、問題の父親・史郎氏にはセコンドライセンスの無期限停止処分を発表した。1ラウンドに3点の減点、刑事事件以外でのトレーナーの無期限停止処分、共に日本ボクシング史上、極めて異例なことだ。

 普段は腰の重いJBCが、即座に委員会を招集し、史郎氏を厳罰に処した最大の根拠は、大毅への反則指示だ。音声マイクに拾われ、TBSの生中継で、史郎氏の「勝てへんぞ!玉打ってまえ!(※)」発言が全国に流れてしまったのだから、言い訳は不可能。「闘志の現れ」などといってもムダである。なぜ史郎氏は「反則指示」などしたのだろうか?

本当の被害者は大毅

 ボクシング業界では、判定で負けを宣告されると“完全な負け”となり、その後の選手生命や選手の評価に大きく影響するが、反則・失格負けは“?のついた負け”と言われ、判定負けに比べ、影響が小さいという暗黙の了解がある。

 あるジム関係者はこう語る。

「(亀田親子は)失格負けにしたかったんですよ。レフェリーに止められるのを狙ってた。判定になれば、勝ち目がないことは、本人以上に親父が分かってた。だから、失格負けにして、『やり過ぎて失格負け。実力では、劣っていなかった』っていう、逃げ道を作りたかった」

 負けは負けでも、「実力で負けたんじゃない、レフェリーに止められただけ、あのままやってたらKOできた」……と、言える環境をつくろうとしたというのだ。劣勢に立たされたボクサーが失格を狙って、反則行為を犯すのは、業界では有名な話。過去にはモハメド・アリが、敗色の濃厚な試合で、反則行為を働き無効試合となったり、マイク・タイソンが、相手選手の耳を噛みちぎり、自ら失格負けになった事例もある。結果、両者は「次の試合まで期待を持たせる」ことに成功している。

 だが、今回はこの反則行為が完全に裏目に出た。大毅の次の試合に注目が集まることは間違いないが、ここまで世間の批判を浴びるとテレビ中継やスポンサー集めも難しくなるだろう。試合後に反則指示を否定し、息子に全責任を押し付けようとした父親。最大の被害者は、謝罪会見で茫然自失となった姿を全国にさらした大毅なのかも知れない。
(富田和彦)

※注:「玉打ってまえ」→玉とは、男性機の睾丸のこと。ボクシングでは、相手のベルト・ラインより下を打つ「ロー・ブロー」を厳しく禁じているが、急所である男性器への攻撃は、最低の反則とされる。

【関連記事】 亀田大毅敗戦! 興毅は大丈夫?「実力の正体」に迫る(前編)
【関連記事】 これも日米の野球の違い?夕刊フジ記者の、ある“羞恥”
【関連記事】 時津風部屋事件 憤る報道陣と困惑の父親

最終更新:2013/02/12 11:37
こんな記事も読まれています

亀田大毅の反則行為は、史郎の作戦?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政が再会を願う女優

 パリ人肉事件を起こした佐川一政の近況を追ったドキュメンタリー映画『カニバ/パリ人肉...
写真