日刊サイゾー トップ > 社会  > 長井健司さんの死をめぐり「文春」と「抗議する会」が衝突

長井健司さんの死をめぐり「文春」と「抗議する会」が衝突

20071114_nagai.jpg「長井健司さんの殺害に抗議する会」ブログ

 ミャンマー軍事政権による、長井健司さん殺害事件に関して、とんだ場外乱闘が起きている。

 発端は、某週刊誌が長井さんに関する、ある記事を書こうとしていること。その記事とは、<長井さんは、APF通信社からの業務命令によってミャンマーへ取材に行かされており、巷間認識されているような自発的な取材ではなかった>というものらしい。つまり、長井さんは「業務=ビジネス」として、いたしかたなく周囲の警告を無視して、危険な現場に足を踏み入れ、命を落としたと言いたいらしいのだ。

法的措置もとりうる

 こうした記事を書こうとしている週刊誌の動きに対して、メディア関係者や有識者らで組織する「長井健司さんの殺害に抗議する会」が猛反発。同会のブログでは、週刊誌が記事化しようとしていることは、長井さんがタイで偽札関連の取材をしていた際の関係者(この関係者と長井さんの間には、金銭トラブルがあったという噂もある)が持ち込んだ“ガセネタ”であるとし、「嘘を載せることで、ミャンマーで軍政による銃撃で取材中に死んだフリーのジャーナリストを貶めることは品性が相当下劣なメディア人であると言うしかありません」と厳しく非難している。つまりは、ミャンマーの現実を死ぬ気で伝えようとした長井さんの志を貶める行為だというのだ。むろん、週刊誌が書こうとしていることが事実無根であるなら、まさに長井さんやその支持者を冒涜する行為になりかねない。

「日刊サイゾー」の調べによると、この週刊誌は「週刊文春」のようだ。「抗議する会」関係者を取材すると、「長井さんが、APFの命令によって動く人かどうか、また、実際に今回、そのようなことが行われていたかどうかは取材をすればわかる話。長井さんが自発的に取材に行ったという証拠もある。“死人に口なし”と言うが、長井さんの名誉を蔑むような記事が出れば、抗議する会として法的措置も取りうる」と強気だ。

 両者が今後どのような動きに出るかは予断を許さないが、ひとりの勇気あるメディア人の死をめぐって、メディア関係者同士が衝突する事態など、長井さんが望んでいないことだけは確かだろう。
(編集部)

最終更新:2013/10/11 19:33
関連キーワード

長井健司さんの死をめぐり「文春」と「抗議する会」が衝突のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

注目のバディムービー2本レビュー

 ひとりでは事件は何も起きないが、価値観...…
写真
インタビュー

西寺郷太が提唱!ノートの書き方

NONA REEVESのソングライター、ボーカリストとして活躍するだけでなく、マイケル・...
写真