日刊サイゾー トップ > スポーツ > フィギュアスケート  > 絶好調の浅田真央がゲイたちから“袋叩き”の怪

絶好調の浅田真央がゲイたちから“袋叩き”の怪

 ゲイの間で、フィギュアスケートが人気だという。 「オネエは、何よりも「キレイなもの」がスキ。だから、その「美」を競い合うフィギュアにも、人気が集まるってワケ」(新宿2丁目のゲイバー店員)

 そんなゲイたちの中で、浅田真央選手が「ブタ真央」呼ばわりされ、非常に嫌われているという。その一方で、“ミキティ”こと安藤美姫は、「毒姫」「ドロンジョ様」などと呼ばれ、悪女的人気を集めているとも。

 浅田といえば、昨年12月に開催されたグランプリ(GP)ファイナルでは世界2位、同12月の全日本フィギュアスケート選手権では優勝、今年の世界選手権代表の座を獲得と、今シーズンもなかなかの安定感を見せる。では、この真央と美姫。ゲイの目から見た2人の違いは、どこにあるのか?

 ゲイのメンタリティに詳しい辛酸なめ子氏に分析してもらったところ「爽やかで無垢な、それでいてすごい才能があるという、スポ根系天才少女の浅田に対して、そのライバルであり、わがままそうな意地悪キャラに当たるのが、安藤。安藤は衣装も黒っぽいですし、ゲイの人からすれば、感情移入しやすいんだと思います」とのこと。

 女性らしさを求めて努力する“彼女”たちゲイにとってみれば、努力もせずに天真爛漫でカワイイ(ように見える)浅田は、まぶしすぎるということか。言われてみれば、ゲイの間で人気が高いのは、浜崎あゆみや松田聖子、中森明菜など、どこか苦労が垣間見える「成り上がり」系の女性が多い。

「彼女たちは、自分をキレイに見せる、女性としてのプロデュースがうまい人たち。美しさを努力して見せてくれる、『女としてのプロ』を、ゲイの人たちは尊敬しますから」(なめ子氏)

 安藤美姫がどんなに会心の演技をしても、それを軽やかに超えていく浅田真央。しかし、「ゲイに嫌われる人は成功する」ともいわれる。であれば、真央ちゃんの今後も安泰か!?
(太田サトル/「サイゾー」2月号より)

【関連記事】 強くなければすぐ消える? 浅尾&オグシオの“賞味期限”
【関連記事】 横峯さくらに借金1000万円の過去!? 借り入れ先はなんとパパ!
【関連記事】 ママになった谷亮子は、想像以上に美しくなっていた!?
【関連記事】 カルーセル麻紀姉も褒める髪型「お●んこ分け」って?

最終更新:2013/02/12 11:35

絶好調の浅田真央がゲイたちから“袋叩き”の怪のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

安倍首相、買収マネーで孤立無援

今週の注目記事・第1位「河井夫妻『買収』原資...…
写真
インタビュー

アンタッチャブル柴田が語る漫才

 お笑い第7世代と呼ばれる若手芸人たちが次々と登場する今、「ブレイク前夜」の闇の中に...
写真