日刊サイゾー トップ > スポーツ > 格闘技  > 亀田興毅メキシコで復帰も、またもや疑惑のマッチメイク

亀田興毅メキシコで復帰も、またもや疑惑のマッチメイク

kamedahp.jpg亀田兄弟のブログでは家族そろって大喜びの様
子を伝えている

 メキシコ現地時間の12日夜、プロボクシングWBA世界フライ級1位にランクされる亀田興毅が4ヶ月ぶりにリングに戻ってきた。試合は2回1分54秒でKO勝ちという申し分ない結果だが、その試合相手の“質”に対しては、毎度のことながら疑問符をつけざるをえない。

 今回、興毅の相手となったのはマリノ・モンティエルという27歳のメキシコ人ボクサー。30勝(16KO)12敗1分となかなかのキャリアだが、実は2年前からひとつの引き分けを挟んで5連敗中。最後の試合は半年前で、まったく無名の選手にTKOで敗れている。


 しかも、この日モンティエルが試合に出ることが決まったのは、試合日のわずか4日前。まともなコンディションが作れるはずもなく、案の定前日のウェイ・イン(計量)では約2kgのオーバーだったという。

 結局計量は1~2時間後にやり直してクリアしたというが、もともと50kg超しかないボクサーの体重が1~2時間で2kgも落ちるのは明らかに不自然であり、現地のボクシング報道サイトによれば、モンティエルはひとりで秤に上がれないほどフラフラだったという。また、同じく現地のネット掲示板などでは「本当はモンティエルの体重はリミットまで落ちきっておらず、亀田側が試合を成立させるために秤に細工をしたのではないか」という噂まで出る始末だ。

 「この試合でオレがフライ級最強であることを証明する」と語っていた興毅だったが、こんな相手をいくら倒しても何の証明にもならないだろう。また、デイリースポーツをはじめ各スポーツ紙は、この試合が「全米で生中継される」などと煽っていたが、結局、全米どころかメキシコでもテレビ放映はなかったようだ。

 現在、亀田3兄弟のプロモートやマッチメイクには、世界的なマッチメイカーであるジョー小泉氏が当たっている。数々のビッグマッチを手がけてきたジョー氏は業界での評価も高いが、一方で「替え玉」の選手を試合に出場させたり、東南アジアから明らかな「噛ませ犬」を連れてきたりと、そのキャリアは決してクリアなものではない。

 8月にはジョー氏の手引きで設立される「亀田ジム」が正式に承認され、日本でも試合ができるようになる亀田興毅。10月には次男・大毅の謹慎も解け、三男・和毅のプロデビューも近い。「元・世界王者」の肩書きを持つ興毅には、そろそろ本当に骨のある相手との対戦を見せてほしいものだが……。

【関連記事】 亀田家最後の希望・和毅にも「虚飾に満ちた過去」
【関連記事】 亀田興毅の「実力の正体」に迫る
【関連記事】 年末特番で内藤VS亀田試合の使用禁止のなぜ

最終更新:2013/02/12 11:27
こんな記事も読まれています

亀田興毅メキシコで復帰も、またもや疑惑のマッチメイクのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

イグジスタンスの画家・はくのがわ

 現在、アウトサイダーアート界隈で話題の一人の女性アーティストがいる。今、大注目の若...
写真