日刊サイゾー トップ > 芸能  > ともに「週刊文春」に連載中のおすぎが、中野翠を痛罵!!

ともに「週刊文春」に連載中のおすぎが、中野翠を痛罵!!

 7月17日、ラジオ番組『おすぎ流映画に学ぶ』(文化放送)の中で、映画評論家のおすぎが「中野翠は馬鹿だ」と発言した――。

 おすぎとコラムニストの中野翠といえば、ともに「週刊文春」(文藝春秋)の名物連載「シネマチャート」で映画評を担当している間柄だが、その不仲ぶりは、かねてから業界では有名な話。実際、6月19日号の『週刊文春』では、リリー・フランキー映画初主演の『ぐるりのこと。』がお題に上がり、その評価は中野が「三つ星(料金の価値は有り)」、おすぎは「五つ星(もう最高!ぜひ見て!!)」となった。「三つ星」評価の中野だが、コメント欄で<技術的にレベルが高いので三つ星にしたが>と付け加えており、しぶしぶといった様子。一方のおすぎは、同コメント欄で<今年ナンバー1の日本映画>とまで讃えるなど、映画評まで対照的である。

 さて、冒頭のおすぎの発言が飛び出した番組は、6月19日に文化放送メディアプラスホールで収録された、100人のキャリア女性に向けた公開録音放送。おすぎは「映画に学ぶ女性の生き方」をテーマにトークショーを行った。

 番組では、司会の女性局アナとおすぎのトークで進行し、自身の恋愛体験談などが語られ、やがて映画の話になり、『ぐるりのこと。』が話題にのぼる。この映画は、リリー・フランキー扮する法廷画家とその妻(木村多江)の十年に渡る夫婦生活を描いた作品で、前作『ハッシュ!』がカンヌ国際映画祭で監督週間正式招待作品となった橋口亮輔監督の6年ぶりの新作。

 おすぎのボルテージは、局アナが、「(主人公の)法廷画家っていう設定も面白いですよね」と問いかけることでヒートアップ。おすぎは「でしょ。なのに『文春』の中野翠と芝山っていう翻訳家は星が2つしかなくて(注・中野は三つ星)、本当にね、人間性のかけらもない人間が映画を批評してちゃ……。私、辞めたいの! 『文春』の映画批評」といきなり毒舌&暴露。

 それを受けて局アナが、「あそこ(「週刊文春」シネマチャート)はいつも、おすぎさんだけがちょっと星の数が違う感じになっていますよね」とフォロー(?)を入れると、矛先を中野に向けたおすぎは、今度は彼女を”ブスな女”呼ばわり。あわてて局アナが、「……なんと言っていいのかわかりませんけれども。一応これ、オンエアされるので、今のところはカットしていいですか?」とフォローしようとするが、「いや、言ってもいいよ。中野翠は馬鹿だって」と駄目押しする始末。

 今のところ静寂を保つ(相手にしていない?)中野翠だが、このままおすぎの怒りはおさまるのだろうか?

【関連記事】 柳美里が<責任編集>の座を投げ捨て「en-taxi」と大ケンカ中 !?
【関連記事】 『ポニョ』は中ヒット? 歴代人気作品と徹底比較分析!
【関連記事】 トップ『相棒』でちょい地味? 08年上半期映画興収ランキング

最終更新:2009/02/03 14:57

ともに「週刊文春」に連載中のおすぎが、中野翠を痛罵!!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

ローソン先行発売の新「ペヤング」レビュー

 今年はまじめな創作路線を突き進んでいる...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真