日刊サイゾー トップ > 社会  > 「6億円支払え!」著作権まで売った“極貧”小室哲哉に厳しい和解案

「6億円支払え!」著作権まで売った“極貧”小室哲哉に厳しい和解案

komutetsu02.jpg11月には50歳になる小室哲哉

 自伝出版がお蔵入りになっていた元天才音楽プロデューサーの小室哲哉(記事参照)に、神戸地裁から6億円の著作権料返還を求める和解調停案が出され、小室側がこの和解に応じていたことが明らかになった。

 この裁判は、小室の一部楽曲の著作権を5億円で買い取ったSという人物が起こしたもの。だが、小室側はS氏に楽曲の権利を移転する手続きを取ろうとしなかったという。

「神戸地裁が、9月30日までに利息を含めた6億円をSさんに返還しなさいという、小室側には厳しい和解調停案を出したんです。小室としては尻に火がついて、自伝出版どころじゃないでしょ」(レコード関係者)


 “金欠”が噂される小室、神戸で通販の会社を経営するSさんに著作権を売却。だが、その後、Sさんと話し合いを持ったときに「俺のバックには芸能界の実力者や右翼団体がついてる」と吹聴したという。

「不信に思ったSさんが直接、この実力者に確認したところ“小室とは今は関係ない”と言われたんです。それを聞いた小室は、“俺の信用を傷つけられた”と言って、Sさんを名誉毀損で神戸地裁に1億円の損害賠償を求めて訴訟を起こす。5億円を返したくないからための“イチャモン訴訟”ですよ」(元ブレーン)

 この訴訟に、Sさんは激怒。払った著作権料5億円を返還する請求訴訟を起こしたのだ。

「裁判所が“6億円”の和解案を出したとき、小室は妻のKCO(けいこ)とロンドンに遊びに行っていて、クレジットカードの枠オーバーで足止めを食らっていたんです。カードの支払いも滞るほどですからね。現状を考えれば、6億という金額の返還は難しいでしょう」(知人の音楽関係者)

 盛者必衰とはいうが、小室哲哉のここまでの凋落ぶりを誰が想像しただろうか。
(サイゾー公式携帯サイト「サイゾー裏チャンネル」より)

告白は踊る

これは絶好調だったころの小室さんの著書。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 avexの陰謀? “ランキング不具合”で一躍有名になった曲
【関連記事】 エイベックス移籍で“ヲタ奴隷”と決別!? 後藤真希の未来
【関連記事】 あゆCM降板騒動とエイベックスの台所事情

最終更新:2008/09/01 09:12

「6億円支払え!」著作権まで売った“極貧”小室哲哉に厳しい和解案のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

石橋貴明、鈴木保奈美との関係性

ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とかく...…
写真
インタビュー

徳井・小沢と暮らした放送作家が予言する「第7世代の次」

 チュートリアルの徳井義実とスピードワゴン小沢一敬が、ルームシェアをしていたことを、...
写真