日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「腹くくった」Aira Mitsukiが見つめるテクノポップな未来

「腹くくった」Aira Mitsukiが見つめるテクノポップな未来

aira_main.jpg 8月に初のワンマンライブを成功させ、9月にはファン待望の1stアルバムをリリース。3月にメジャーデビューは果たして以来、『テクノポップ・アイコン』としてのポジションを着実に築き上げてきたAira Mitsuki。本誌2回目の登場となる今回、新曲『ロボットハニー』のことはもちろん、メジャーデビューしてからの約8ヶ月の間に彼女にどんな変化があって、どのように成長してきたかを語ってくれた。

──前回、ちょうどメジャーデビューの際にお話を伺いました(記事参照)。あれから8ヶ月ほど経ったわけですが、今、当時を振り返るってみるといかがですか?

日刊サイゾーより、Aira Mitsukiさんの最新シングル『ロボットハニー』を10名様にプレゼントさせていただきます。詳細は記事の最下部をご覧ください。


Aira Mitsuki「当時は体調的に大変でした。実は、肺に穴が開いて、しかもメジャーデビューの当日に(笑)。当時は、デビューに合わせて色々イベントがあったんですが、お客さんの反応とかをとても気にしている自分がいましたね」

──肺に穴が開くって重症じゃないですか。それは精神的な疲れもあった?

aira_sub01.jpgAira Mitsuki「そうみたいですね。今思えば、当時はまだ何かをする上での心構えができてなかったんだと思います。でも、最近はお客さんを気にするよりも、自分が楽しんじゃえばいいんだということに気がついて、あんなに気にしていたお客さんの反応を楽しめるようになりました」

──そのことにはいつごろ気がついたんですか?

Aira Mitsuki「8月に初めてワンマンライブをやったのですが、それからですね。ワンマンライブですから、お客さんはAiraを観に来てくれた人だけですし、時間も衣装も演出も全部、自分ががやりたいようにできたんです。しかも、そのときのお客さんの反応がとてもよくて『すごく楽しめた』っていう感想をいっぱいもらって。自分がやりたいことをやって、それを受け入れてもらえたというのが嬉しかったし、自信にもなりました。今思えば、それまでは自分自身のことを自分でも良くわかってなかったように思います。何がAira Mitsukiの魅力であって、それをどうすれば伝えられるのかということは、そのとき少しわかったような気がします」

──ファンの人たちに教えられたということですかね?

Aira Mitsuki「間違いなくそうだと思いますね。9月には1stアルバムを出したんですが、そこでも今の自分がやりたいこと出し切ったと思っているし、Aira Mitsukiの立ち位置を決めるような作品になったと思います。やっていける自信がちゃんとできたというか、腹くくったって感じです(笑)」

──そんなAiraさんの変化に、周囲の反応はいかがですか?

Aira Mitsuki「そうですね。よく言われるのは『ダンスが上手くなった』ってことですかね。それまでは、ファンの人たちにも『Airaはダンスにキレがねぇぞ』みたいなこと言われてたんですけど(笑)。でも、実際は上手くなったわけじゃなくて、私がただ楽しんでできるようになったってことなんだと思います。だから、歌もダンスもAiraの気持ち次第で伝わるものがまったく違ったものになるんだと実感してますね」

──そんな自信満々の(笑)Airaさんを、実感できる新曲『ロボットハニー』が発売されましたが、こちらはどのような曲ですか?

Aira Mitsuki「歌詞は、実はAiraの大好きなマンガをプロデューサーのterukadoさんに参考にしてもらって作ってもらったんですよ。そのマンガって、女の子の胸キュンなポイントをバッチリ抑えているんです。少なくともAiraはキュンキュンしまくりです(笑)」

aira_sub02.jpg──マンガは結構読むんですか?

Aira Mitsuki「大好きです(笑)」

──ちなみに、そのマンガのタイトルは?

Aira Mitsuki「それは秘密です(笑)。まあ、今回の『ロボットハニー』は色々と自分にとっては実験ぽい感じがあって、Aira Mitsukiが次の段階へステップアップするためにという意味合いも結構あるんです。今までAiraを知らなかった人はもちろん、今までのAiraを知ってる人にはこれまでとは違う一面を見せられたかなって。カップリングに入ってる『SAZAE FUNKADELiC』という曲なんて特に。ちょっとアダルトな感じで(笑)」

──では、最後に読者の方たちにメッセージを。

Aira Mitsuki「メジャー2ndシングル『ロボットハニー』の発売に合わせて、全国でリリースイベントをやります。場所や時間はオフィシャルHPのほうに載っていますので、ぜひ遊びに来てください。会場で皆さんに会えるのを楽しみにしています」

●あいら・みつき
1988年9月21日。07年、MTV主催試写会でのゲストパフォーマンスや全国クラブツアーなど多数のライブイベントに参加し、08年1月には中国・北京での初公演を果たす。08年3月『チャイナ・ディスコティカ』でメジャーデビュー。テクノポップ第2世代の旗手として期待を集めている。プロデューサーはTerukado。
オフィシャルHP<http://www.airamitsuki.com/

●読者プレゼントのお知らせ
Aira Mitsukiさんのシングル『ロボットハニー』リリースを記念して、日刊サイゾーより10名様に『ロボットハニー』のCDをプレゼントいたします。ご希望の方は、以下のフォームよりご応募ください。ご応募の〆切は11月7日(金)23時59分とさせていただきます。なお、当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。

ご応募はこちらから!応募は締め切りました。

【個人情報】
■ご応募にあたり、ご提供いただく個人情報はサイゾーにて厳重に管理を行います。また、お客様の同意なしに守秘義務を負う業務委託先以外の第三者に開示、提供いたしません。
■ご提供いただく個人情報は、『サイゾー』からの、お客様がご希望の場合の商品、キャンペーン等のご案内、アンケート等の発送に使用させていただきます。また、個人を特定しない方法で、マーケティングの統計データとして活用させていただきます。
■今後、『サイゾー』からの商品の送付や媒体に関するご案内等をご希望されない場合は、下記連絡先までご連絡願います。
■『サイゾー』が保有するお客さまの個人情報について、訂正・利用停止等をご希望される場合には、下記連絡先までご連絡願います。サイゾー 03-5784-0790 個人情報管理責任者まで

ロボットハニー

ジャケもかわゆす。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 デビュー曲「鼻毛ボー」引っさげ新世代のディーヴァ誕生!
【関連記事】 ユーミンとSouljaを結びつけた仕掛人の「ザ・芸能界」な過去
【関連記事】 アニソンをバックに舞い踊る!? ゴスロリ小学生ユニット登場

最終更新:2008/11/08 19:08

「腹くくった」Aira Mitsukiが見つめるテクノポップな未来のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

クールジャパンを暴いた衝撃の書

 日本のクールジャパン政策、中でも映画やアニメなど映像産業の振興政策がうまくいってい...
写真