日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「夢に出る!?」ネットで話題の”完済人”アノ人の素顔に迫る

「夢に出る!?」ネットで話題の”完済人”アノ人の素顔に迫る

kansai01.jpg話題のバナーがこちら。

「この顔見ると、なぜかイラっとします」

「あいつの顔が夢に出てくる」

「あの顔がムカつく」

 数ヶ月前から、ネット上で評判を呼んでいる東京スター銀行のバナー広告『完済人』。まったくひどい言われようだが、インパクト抜群の笑みを浮かべるこのサラリーマン風の男性は、いったいどんな人物なのだろうか。さっそくアポイントを取り、誠に失礼ながら、これらのネットの声を当の本人にぶつけてみた。なんか、いろいろ言われてますけど……?

「へぇ、そうなんですか(苦笑)。知り合いなんかには『電車の中刷りで見るよ』なんて言われたりはしてましたけど、ネットでそんな風に言われているとは全然知りませんでした。えーと、好評、ではないんですか?(笑)」

 俳優・六角精児。その実、数々のドラマ・映画に出演する名脇役である。来春公開になる『相棒』のスピンオフ映画『鑑識・米沢守の事件簿』ではついに主演の座を射止めるなど、まさに今もっとも旬な俳優の一人だ。

 ところで、東京スター銀行の『完済人』シリーズはネットのバナー広告だけでなくテレビCFにも広く展開している。六角氏が演じる「齋藤さん」には「中間管理職で家族は妻と子供2人。恐妻家で、借金が奥さんにバレたため一本化を考えている」という事細かな設定も用意されているのだとか。役作りに苦労することもあったのでは?

rokkakuint.jpg「役作り……というか、撮影は設定の範囲内で好きにやらせてもらいました。実はね、僕も前に借金してたんですよ。街金にあっちこちで借りていてね。そのときの気持ちというのかな、それを思い返してやったんですよ。おまとめローンのありがたみとか、借金返済の大変さなどに関しては、普通の人よりも気持ちがわかる方だと思うんで、それで上手くやれたかなって」

 劇団扉座(元『善人会議』)の立ち上げに参加し、俳優のキャリアをスタートさせた六角氏、「街金をつまむ」とは芸事の下積み時代にはよくある話だが、彼もまた例外ではなかったようだ。

 だが、この経験が今回の役作りに生きた。彼の頭の中では「齋藤さん」がどのような返済プランで返していき、金利は何%だからといった細かい数字までシミュレーションできたという。あの笑顔の裏には、まさにリアル完済人ならではの緻密な演技が隠されていたのである。

 このCMのオーディションの話を聞いたときに、六角氏は「これは、俺がやんなきゃ」という、特別な使命感を感じたという。

「そうやって色々なところで借金をする人、つまり多重債務者になる人っていうのは、根本的には『借りた金は返さなきゃいかん』と思う真面目な人、律儀な人だと思いますよ。ただ、真面目なんだけど人が良すぎるというか、誘われればついつい飲み屋に行ってしまい、後輩におごったりもしてしまう。齋藤さんみたいな人って、実は結構いて、共感できる人も少なくないんじゃないかと思うんですよね。あと、あのCMの話を聞いたときにやりたいと思ったのは、元多重債務者としてね、これで出演料をいただくと、何だかあのころ払った金利を取り返したような気分になれて非常に気持ちがいいかなと。そう思ったというのもあったりして(笑)」

rokkakucyzo.jpg実は「サイゾー」の背表紙にも六角さん。

 そんな六角氏だが、来春には初の主演映画『相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿』の公開を控えている。その知名度はさらにアップするはずだが、彼はそんな状況の変化にもいたって謙虚である。

「(主役を経験したことによって)いろいろ考えることもあるかもしれませんが、僕はいわゆるバイプレイヤーですから、1シーン1カットを大切にしてきた人間。それは主演をやったからといって変わることはありませんよ」

 「米沢守」という役も、ドラマ『相棒』開始当初は二言、三言しかセリフがなかったという。それがいつしか注目され映画の主役を張るまでに成長した。「齋藤さん」というキャラも、いつの間にか評判になっていた。俳優・六角精児には人を惹きつけてやまない何かがあるのはまちがいない。それはきっと、たった1シーンに全てをかける脇役俳優としての彼の姿勢が生み出しているものなのだろう。

(取材・構成/テルイコウスケ)

●ろっかく・せいじ
1962年生。82年、劇団「善人会議」(現「扉座」)の旗揚げに参加。現在も座員として籍を置きながらテレビ、映画などに多数出演。06年には1クール内に3本のドラマに出演するなど、国内屈指の名バイプレイヤーとして業界内外から高い評価を受ける。テレビ『相棒Season7』は10年3月まで放送中。

rokkakuyonezawa.jpg(c)2009「鑑識・米沢守の事
件簿」パートナーズ

●『相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿』

TVシリーズとして絶大な人気を博し、今年5月に満を持して映画化。そして今回『相棒』シリーズ初のスピンオフ映画が誕生! 興収44.4億円を突破した『相棒─劇場版─絶体絶命!42.195km東京ビッグシティマラソン』で描かれた事件の裏で、鑑識・米沢守が発見したもうひとつの”驚愕の事実”。そして極秘調査の末に米沢が辿り着いてしまった警察機構の闇とは──。

出演:六角精児/萩原聖人/市川染五郎/水谷豊/寺脇康文
監督:長谷部安春
脚本:飯田武
09年3月28日公開予定

yoake_bicycle.jpgphoto by 永石勝

●舞台「その夜明け、嘘。」

日程:2月7日~2月23日(22日から1日追加になりました)
会場:青山円形劇場
キャスト:宮崎あおい 吉本菜穂子 六角精児
お問い合わせ:キョードー東京 03-3498-9999
http://www.sonoyoake.com/
追加公演
横浜公演:横浜BLITZ 2月26日、27日
兵庫公演:兵庫県立芸術文化センター 中ホール 3月4日、5日

うさぎ先生の魔法の借金脱出術

方法はあるのだ。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 前回王者サンドウィッチマンに聞く『M-1必勝法』はコレだ!!
【関連記事】 「じゃあの。」竹原慎二ロングインタビュー
【関連記事】 テレビじゃ絶対放送禁止 超過激DVD発売の江頭2:50を直撃!

最終更新:2008/12/21 13:25
こんな記事も読まれています

「夢に出る!?」ネットで話題の”完済人”アノ人の素顔に迫るのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

電気グルーヴ騒動を斬る!

 今年3月、コカインを使用したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された電気グルーヴのピエ...
写真