日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「じゃあの。」竹原慎二ロングインタビュー(前編)
現役時代のこと、初主演作品のこと、ブログのこと......

「じゃあの。」竹原慎二ロングインタビュー(前編)

takehara01.jpg 95年12月、ボクシングの殿堂と呼ばれて久しい東京・水道橋の後楽園ホールで未曾有の事件が起こった。日本人ボクサーによる世界ミドル級タイトル奪取。それは日本のボクシング界にとって、酒の席で吹聴するのも躊躇われるほどの”夢物語”だった。

 あれから13年。その夜、リングの主役だったヒーローに会いに行った。竹原慎二は現役時代の眼光の鋭さそのままに186センチの長躯を折り曲げて、携帯電話をいじっていた。

──タイトル獲得から13年経ちます。今振り返って、すごいことをしたという実感はありますか?

「特にないですよ(笑)」

──え、ないんですか?

「ないない。全然ない」

──ミドル級チャンピオンですよ?

「みんな結局、そういうもんでしょう。例えば石川遼だって、今すごいけど、本人は別に当たり前のことをやってると思ってますよ」

 平然と、まるで「昨日、犬を散歩させました」とでも話すときのように、竹原はその夜のことを振り返って見せた。弱冠23歳での戴冠。彼にとってその成功は、深く思いを巡らせるにはあまりに早すぎたということだろうか。

「自分的には、思い描いていたよりは遅かったけどね。もう一年早く、22歳くらいでという思いはあったけど、結局タイミングもよかったんですね。その後のことを考えたら、もうちょい遅いほうがよかったかもしれないけど、それはわからないですね」

 無敗で世界チャンピオンになった竹原は、そのタイトルの初防衛戦でアメリカの強豪W・ジョッピーに敗れると、左目の網膜剥離が発覚し、引退を余儀なくされる。

「一度負けたらね、すべてにおいて余裕ができるんですよ。そりゃ、負けたから、まだやりたいという気持ちはあったけど、キリがないからね。右目まで網膜剥離になったら、俺、生きていけないと思うよ」

 現在でも眼疾を患った左目は、メガネをかけてもぼやける状態だという。引退直後、彼は「竹原慎二・芸能界で仕事がしたいっ!」と銘打って大々的な記者会見を開いた。

「懐かしいな。だけど、仕事はまったくなかった。その間はね、つらいですよ。苦しいです。何をやってもうまくいかないし、チャンピオンになんてなるんじゃなかったと思ったこともある。それで荒れた時期もあったけど、これじゃダメだと思って日焼けサロンでバイトを始めたんです。それで一年くらい働いたころ、テレビの仕事の話が来た。自分としては、やっぱりがんばれば運が向いてくるんだな、神様は見てるな、と思いましたよ」

 TBSバラエティ『ガチンコ!』の「ボクシング予備校」コーナーは、竹原慎二の名を全国のお茶の間に知らしめることになった。現役時代とはかけ離れたイメージでサービス精神を最大限発揮する竹原の姿に、違和感を覚える古いボクシングファンも少なくなかったと記憶しているが……。

「確かに、ホールの客層が変わったとか、嫌味を言われたりすることもあったけど、練習生も増えたっていうし、ボクシング界にとっても、いいことだなって思いますよ。もちろん俺にとっては、あれで世間の人が俺のことを知ってくれて、今があるわけで」

 その後、竹原は徐々にテレビでの露出を増やし、タレントとして活動の幅を広げてゆく。09年1月には、初の主演を務めるVシネマ『溝鼠vs毒蟲』が発売になる。

dbnzm2.jpg「やっぱり、絶対に一度は主役を張りたいと思っていたから。この話が来たときは、いい作品にしようと思いましたよ。まだまだヘタで、周りの(俳優の)先輩方がカバーしてくれるので、それに恥じないように、なるべく足を引っ張らないように、必死ですよ」

 新堂冬樹の原作ノワールは一部読者から「有害図書だ」との意見が出るほどエキセントリックな作品。竹原が演じるのは、”復讐代行業”を営む鷹場という役柄だ。鷹場の敵役となる”別れさせ屋”の大黒には、こちらも元ボクシング世界王者の畑山隆則が配役された。

「ハタケとはジムも一緒にやってるし、現場でも世間話ができるので楽でしたね。でも、やっぱり比べられるんでね、この作品でも、ハタケだけには負けたくないという気持ちはありました」

 今後も「渋い役」を演じてみたいという竹原。一方でコメディにも興味があるという。

 ネット上では、毎回必ず「じゃあの。」で締めくくるブログも人気だ。

「最近はサボってるけどね(笑)。最初のころは、30分くらいかけて、ギャグを考えてましたよ。今でもそんなに気楽に書いてるわけじゃなくて、たまには愚痴とかストレスを書きたくなるときもあります。けど、それを俺が自分のブログに書いたりっていうのは、絵にならないしね」

(文中敬称略/後編「ボクシング界のこと、亀田兄弟のこと、TBSのこと……」につづく)

dbnzm.jpg●『溝鼠vs毒蟲』
09年1月25日発売予定。
出演:竹原慎二/夏生ゆうな/大口広司/速水今日子/若松武史/畑山隆則
監督:横井健司
新堂冬樹の同名小説を竹原慎二主演で贈るアクションドラマ。お金のためならどんな仕事でも引き受ける復讐代行業を営む”溝鼠”こと鷹場。彼は少年時代に経験したトラウマにより非道な人間になっていた。そんな彼に恋人を汚された大黒は……。

●たけはら・しんじ
72年1月25日、広島県安芸郡生。第20代WBA世界ミドル級チャンピオン。現在はタレント、ボクシングジム会長、株式会社カンピオーネ代表取締役社長。

●竹原慎二の MUSIC GYM
毎週土曜 25:00~25:30 (INTER-FM 76.1MHz/関東)
毎週土曜 20:00~20:30 (KISS-FM KOBE 89.9MHz/関西)
制作・配給:アースリーナイン
URL : http://ameblo.jp/musicgym

『溝鼠VS.毒蟲』

激シブっす。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 巨匠・小池一夫が喝!「俺がマンガ界の総理になる!!」
【関連記事】 東大出身バルーンアート全米王者・SHINOの膨らむ夢
【関連記事】 “報ステOP”のサックス奏者・矢野沙織が語る『中2の決断』

最終更新:2009/05/22 18:25
こんな記事も読まれています

「じゃあの。」竹原慎二ロングインタビュー(前編)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

”東京が怖いアイドル”王林を直撃!

 青森県弘前市のご当地アイドル「りんご娘」のメンバー・王林が話題となっている。 「王...
写真