日刊サイゾー トップ  > お騒がせユニット『80_pan』ニューシングルを5名様に!

お騒がせユニット『80_pan』ニューシングルを5名様に!

80_pannewsingle.jpg 今年7月、ロンドン・ヒースロー空港で強制送還されるというアイドル史上稀に見るトラブルに襲われた(記事参照)ニューレイヴ・デュオ80_pan(はれぱん)。そんな彼女たちが12月17日、ニューシングル「ドラミエレクトリック」を発売した。

 80_panとコミュニティサイト『MySpace』がコラボレーションしたという本曲について、80_panのおふたりに話を聞いてみると……。

80_panのシングル『ドラミエレクトリック』リリースを記念して、日刊サイゾーより5名様に『ドラミエレクトリック』のCDをプレゼントいたします。詳細は以下より。



──新曲『ドラミエレクトリック』はどんな曲ですか?

 今回はとにかくPOPでキュートなサウンドに仕上がっています! 前作ではSHIT DISCOプロデュースの曲など、かなりニューレイヴのコアな部分で攻めの曲でしたが、今回は一聴するだけで誰でも口ずさんじゃいそうなPOPなエレクトロサウンドです!
まさに『ドラミエレクトリック』な曲です!

──My Spaceとのコラボ企画だそうですが、この企画について詳しく教えてください。

 My Space上で80_panに曲を作ってくれる人を募集しました。たくさんの曲の中から厳選してプロデューサーを決めました。WEB上だけで完結したので『出会い系エレクトロ』です! この話がスタッフさんからあがってきたときは、MYSPACEで活動する新たなエッジのあるアーティストとコラボしたいと感じたので、うれしかったです。

──プロデューサーの公募ということで不安はありませんでしたか?

 前作からUKのSHITDISCOなど、新たなプロデューサーと楽曲をつくりつつTerukadoさんとも楽曲を作るという2ラインで行っていたので、それほど不安はありませんでした。Terukadoさんもトータルプロデューサーで参加してくれてますしね。1曲目を担当してくれたサウンドプロデューサーDJ DORAMIgroooveには、Terukadoさんから今のYMOとフレンチエレクトロの両面を1曲で表現してほしいと依頼していたみたいですね。

 他曲の制作でいうと、出来上がりの曲に歌詞を乗せていくというのには今までと変わりはなかったのですが、レコーディングの段階で、すこし違いがありました。

 いつもなら、『こういう感じでいきたい!』とか『こういう歌い方、ハモリをつけたい!』など、だいたいを自分たちからの要望を元に進めるのですが、今回はとにかくいろんなたくさんのテイクを録り、その素材をそのまま各プロデューサーに送り、あとは仕上がりを待つのみ! という感じだったので、どのテイクが使われてどんなアレンジであがってくるのかなどとても楽しみでワクワクしていました!

 そのプロデューサーによる80_panのイメージで作ってもらえたので、出来上がりを聴いてみてある意味、客観的に捉えられた80_panに触れることができました!

──初めてこの曲を聴いたときの印象は?

 とにかくかなりキャッチーだなぁって思いました! 『ドラミエレクトリック』だけ、プロデューサーのほうからタイトルとサビの歌詞を指定されてきたのですが、そのフレーズが”ドラミエレクトリック”だったので、もともとインパクトタイトル重視の朋美なので、さすが分かってらっしゃる。と嬉しく思いました。笑。

──どんな人に聴いてほしいですか?

エレクトロ系好き必聴です。マストアンセムです!!

──この曲を通してどんなことを伝えたいですか?

 歌詞の面では過去・現在・未来をテーマに描きました。あと今回の企画を通して、いろんな『出会い』やたくさんの『可能性』も感じてもらえたら嬉しいですね。

──では最後に、ファンのみなさんにメッセージを!

→ぜひ『ドラミエレクトリック』を聴いて、ぜひぜひ!口ずさんでください!! あとDJをやってる人には、フロアーでかけてほしいですね。踊れますよ。このサウンド。

●はれぱん
 TomomiとMacoの2人によるガールズ・ユニット。2005年に3人組アイドルグループ「ハレンチ☆パンチ」としてシングル「白線~スタートライン」でデビュー。キュートなルックスと親しみやすいキャラター、パワフルな歌声で人気を獲得する。2007年にグループ名を「80★PAN!」に改名し、音楽性もロック路線へと変更。ヘヴィメタル誌に登場するなど、大々的なイメージチェンジを図った。2008年に「80_pan」へと再びユニット名を変え、ニューレイヴの要素を取り入れたエレクトロポップサウンドを展開することを発表しファンを驚かせる。移り変わりの激しい音楽シーンにおいて、つねに新しい音楽性を取り入れるなど独自のスタンスを保ちながら活躍中。

【告知】
★TOWER新宿店にてミニライブ&握手会実施決定!日時:1月23日(金) 19:30 START
 会場:タワーレコード新宿店7階イベントスペース

●応募の詳細
80_panのシングル『ドラミエレクトリック』リリースを記念して、日刊サイゾーより5名様に『ドラミエレクトリック』のCDをプレゼントいたします。ご希望の方は、以下のフォームよりご応募ください。ご応募の〆切は1月9日(金)23時59分とさせていただきます。なお、当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。

★ご応募はこちらから★ご応募は締め切りました

個人情報】
■ご応募にあたり、ご提供いただく個人情報はサイゾーにて厳重に管理を行います。また、お客様の同意なしに守秘義務を負う業務委託先以外の第三者に開示、提供いたしません。
■ご提供いただく個人情報は、『サイゾー』からの、お客様がご希望の場合の商品、キャンペーン等のご案内、アンケート等の発送に使用させていただきます。また、個人を特定しない方法で、マーケティングの統計データとして活用させていただきます。
■今後、『サイゾー』からの商品の送付や媒体に関するご案内等をご希望されない場合は、下記連絡先までご連絡願います。
■『サイゾー』が保有するお客さまの個人情報について、訂正・利用停止等をご希望される場合には、下記連絡先までご連絡願います。サイゾー 03-5784-0790 個人情報管理責任者まで

最終更新:2009/01/10 02:53
関連キーワード

お騒がせユニット『80_pan』ニューシングルを5名様に!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

トウガラシ名産地の珍なる町おこし

 韓国の町おこしが熱い。以前この連載でも、特...…
写真
インタビュー

瓜田純士『ジョーカー』に返歌

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が、瓜田夫婦名義の4thシングル「WHO I...
写真