日刊サイゾー トップ > エンタメ  > ブレイクは至難のワザ!? 意外と厳しい「二世アーティスト」事情

ブレイクは至難のワザ!? 意外と厳しい「二世アーティスト」事情

generous.jpgYAZAWAの長女も苦戦中!?
(the generous『Heart』/tearbridge records)

 先日、井上陽水・石川セリ夫妻の長女である依布サラサが、NHK教育テレビの語学番組にレギュラー出演すると報じられた。一見すると”抜擢”であるが、そもそもは歌手・作詞家として鳴り物入りでデビューした彼女だけに、これは一種の方針転換と言えなくもない。今回の報道では、父・陽水氏の「たくさん本が読めていいなぁ」という発言も伝わったが、内心は「うまく行かないなぁ」といったところではないか。

 依布サラサに限らず、ここ数年は大物アーティストの二世がデビューを果たす例が相次いでいる。矢沢永吉の愛娘であるyokoも、エイベックスからthe generousというバンドでCDを出しているし、三浦友和・山口百恵夫妻の息子は昨年11月、Peaky SALTというバンドのボーカル・ユウとしてデビューを飾った。さらに桑田佳祐・原由子夫妻の息子も、将来のデビューを前提にバンド活動を行なっているそうだ。

 ただし、二世アーティストの場合、華々しくデビューした後に伸び悩むパターンが多いのも事実だ。レコード会社のあるスタッフによれば、大物二世のデビューにあたっては「失礼があってはならない」と、社を挙げて強力なバックアップ体制を敷くのが常だという。また、メディアからは親子ネタ絡みの引きがあり、デビュー当初は大いに話題となる。しかし、その後の”ブレイク”につながらない。

「二世アーティストは概して、歌唱力などの基礎的能力は高いんですが、熱心なファンを獲得するのに欠かせない個性や、アクの強さに欠けることが多いんです」(前出のスタッフ)

 一方、同じ二世アーティストでも、”意外性のある親を持つ子”には成功例が目立つ。最大の成功者は藤圭子の一人娘・宇多田ヒカルであり、最近では森進一・森昌子(元)夫妻の長男Takaが、ブレイク間近といわれるロックバンド・ワンオクロックを率いて活動中だ。ちなみに、ワンオクロックのライブでは、息子の活躍に目を細める森昌子の姿が、しばしば目撃されている。そのほか、俳優・古谷一行の息子であるドラゴンアッシュのkj、往年のハワイアンバンド「和田弘とマヒナスターズ」のメンバーを父に持つ小山田圭吾などが、異色の二世アーティストとして大成している。

 こうして見ると、二世アーティストが成功するかどうかは、結局のところ才能次第ということになる。今後、ロック、ニューミュージック世代の息子たちが就職適齢期を迎えていくが、”偉大な親”たちがオロオロする姿はあまり見たくないものだ。
(玉井光太郎)

Heart(初回限定盤)(DVD付)

成り上がれるか。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 ランク常連は中年ばかり!? J-POPアーティスト高齢化のワケ
【関連記事】 フジテレビ高島彩アナ ゆず北川の実家宗教に入信か
【関連記事】 ジャニーズ錦戸亮が作詞作曲した「ordinary」にパクリ騒動

最終更新:2009/02/13 11:30
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』藤原三兄弟の“本当の仲”

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真