日刊サイゾー トップ > 芸能  > 本人を直撃! 大和田伸也がバラエティで大人気なワケとは?

本人を直撃! 大和田伸也がバラエティで大人気なワケとは?

oowadashinya.jpgフジテレビ『環境野郎Dチーム』HP

 近頃、『ダウンタウンDX』(日本テレビ)など、バラエティ番組で引っ張りだこの俳優・大和田伸也。

 2月21日放送分『メレンゲの気持ちビューティフルライフ』(同)では、小島よしおに「目で表現しないと」とワインを飲むときのリアクション指導をし、こんなお手本を披露していた。

「う~ん、デリシャス!(芝居がかった調子)」(大和田)、「自分ができてないでしょ!!」(小島)

 慣れないツッコミをナチュラルに放つ小島。また、女性店員を褒める場面でも、小島に「それ完全にキャバクラでしょ!」とツッコまれ、「ハンカチが消える」マジックを披露した際には、傍らの女性店員にネタばらしされ、「キミ!! 横で見ている人は言っちゃ~だめなんだよ!!」と絶叫する場面が見られた。

 見事なボケを次々に繰り出す様は、そこらの芸人が太刀打ちできないほどで、小島も慣れない「ツッコミ」仕事に大忙しである。

 それにしても、大和田といえば、最近はやはり大晦日に放送された『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけない新聞社24時』(日本テレビ)での活躍だ。

 バスの中、携帯でしゃべる少年を注意→返り討ちに遭う→「オレについて来い!」とバスから飛び降り、着地ミスで本気の捻挫……という神がかった展開が、忘れられない「名(迷?)場面」となっている。

 最近のバラエティでの活躍ぶりは、やはりこの番組の反響が大きかったためだろうか。

 ご本人を直撃したところ、「いや~、反応はもう全然違いますよ。ホントに町を歩いてると、若い子からすごく声をかけられるんですよ。痛し痒しですが(笑)」とシブ~い声が返ってきた。

『笑ってはいけない~』以降、いろいろな現場で会う同業者の俳優さんなどから、「最高!」「オイシイ!」「面白かった」と言われ、ダチョウ倶楽部などのお笑い芸人からも声をかけられるという。

 ところで、そもそもなぜ『笑ってはいけない~』のオファーがあったのか。

「もともと舞台ではコメディや三枚目もやりますが、映画では『踊る大捜査線』とか『海猿』とか、ドラマでも『水戸黄門』(TBS)の格さんとか、貫禄のある偉い役が多かったんです。でも、一昨年に東京ガスのCM(ガスパッチョ)でマルコ・ポーロをやった印象が強かったこと、フジテレビのバラエティ『環境野郎Dチーム』をやったあたりから、バラエティ番組のオファーが増えたんですよ」

 ご本人的には「バラエティはあまり出ないようにしている」ということだったが、「年齢的につくらなくなったというか……。昔はバラエティに出ると、面白いこと言わなきゃと気負うところもあったけど、今は地でいくようになったんでしょうねぇ。地は三枚目ですから(笑)」

 ちなみに、『笑ってはいけない~』のときのケガについて聞いてみると……。

「3週間ぐらいで完治しましたが、普通に(バスから)降りれば良かったのに、若い頃、カッコいい役が多かったから、若い頃の気持ちのままでカッコつけたら、体がついてこなくて、あの有様です(苦笑)」

 いちいちシブイ声がまた、面白さを加速させる。

「本業(ドラマ)を頑張りたい」と、あくまでバラエティ進出への野望はないようだが、ご本人の意図とは無関係に、今後ますますバラエティでの活躍は増えそうだ。
(サイゾー公式携帯サイト「サイゾー裏チャンネル」より)

オヤジに言わせろ!―人生は夢と情熱

10年前の著書。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 中川元大臣の大失態でフジ報道局に勤める愛娘が窮地に!?
【関連記事】 関西ワイドショーも続々打切りで芸能リポーターが全滅する!?
【関連記事】 「おうし座」が2回!? テレビ番組占いコーナーのカラクリ

最終更新:2009/03/02 08:00

本人を直撃! 大和田伸也がバラエティで大人気なワケとは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

大混乱のアメリカが「進むべきとき」

 アメリカの連邦最高裁判所が24日、女性の人...…
写真
インタビュー

香取慎吾とのコラボ秘話

 今年1月9日放送の『関ジャム 完全燃SH...…
写真