日刊サイゾー トップ > エンタメ  > KinKi堂本剛に退所報道

KinKi堂本剛に退所報道…新会社本格稼働のタイミングで決断か

KinKi Kids 堂本剛

 KinKi Kidsの堂本剛が、近くSMILE-UP.(旧ジャニーズ事務所)を退所すると報じられた。デビュー27年目を迎えたKinKi Kidsは「永遠不変」と思われたが、大きな転機を迎える可能性が浮上したことで多くのファンが動揺している。

 発売中の「女性セブン」(小学館)が「堂本剛 決断『光一とは離れて…』ありがとうはまだ言わない」と題して報道しており、剛はジャニーズ性加害問題などで事務所の体制が激変したことで昨年から身の振り方を周囲に真剣に相談しており、2月中に契約更新を迎えるが、更新せずに退所する意思を固めたという。

 相方の堂本光一とは「KinKi Kidsの名前は残したい」という思いが共通しているといい、剛が独立しても「解散」という言葉は使わない方針だと伝えられている。旧ジャニーズでは、錦織一清と植草克秀が退所しても「少年隊」を解散させずにグループとして残した前例があり、同様の形になる可能性がありそうだ。

 剛については、2019年に故ジャニー喜多川氏が他界した時に「あなたが その命の色彩を惜しみなく 捧げてくれたことを いつまでも抱き締めて生きていくよ」「涙は流さずにこの体と心へと彩って あなたを愛しているという 変わらない毎日を大切に生きていくよ 愛しているよ ありがとう 宇宙一大好きだよ」といった愛情あふれる追悼コメントを発表するなど、ジャニー氏への想いが非常に強いことがうかがえた。

 そのため、当時から「別の社長の下ではやっていけないのでは」と指摘する声があり、たびたび退所報道が流れた。ジャニー氏の親族である藤島ジュリー景子氏、先輩の東山紀之氏と事務所のトップが代わり、旧ジャニーズからマネジメント業務などを引き継ぐ新会社「STARTO ENTERTAINMENT」の社長にジャニーズとゆかりのない福田淳氏が就任したことで、ついに決断を下したのかもしれない。一部では「ジャニーイズムと無関係な福田氏の下での活動を拒否したのでは」との見方もある。

 今回の報道内容と符合するかのように、10年近く続いていたコンビの冠番組『KinKi Kidsのブンブブーン!』(フジテレビ系)は3月末での打ち切りが決定したと複数のメディアで報じられている。光一と共に「アイドル」として走り続けてきた剛が、1月にももいろクローバーZの百田夏菜子との結婚を発表したのも、退所説の信憑性を高めているといえるだろう。

 今月3日に出演したラジオ番組『堂本剛とFashion & Music Book』(BAYFM)では、リスナーから「今年挑戦してみたい新しいこと」を尋ねられ、「それが何なのかを考えて、そこで出た答えは『より、自分で生きること』かなと思いました」「自分はこう思うよってこと、自分はこう生きているよってこと、自分はこういう風に歩いていくよってこと」「人生は1回なんだなあってことをいろいろと感じながら、やっぱり自分の理想とする自分を生きていくべきだよなって」などと語った剛。ソロプロジェクト「.ENDRECHERI.」としての活動が盛んで、海外でも評価が高まっていることから、より自分らしい音楽を追求するために事務所を飛び出すという展開は十分に考えられる。

 剛は何度も退所説が取りざたされてきたが、いよいよそれが現実のものとなる可能性が高まったといえそうだ。

SNSや動画サイト、芸能、時事問題、事件など幅広いジャンルを手がけるフリーライター。雑誌へのレギュラー執筆から始まり、活動歴は15年以上にわたる。

さとうゆうま

最終更新:2024/02/08 11:30
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

小池百合子都知事周辺で風雲急!

今週の注目記事・第1位「小池百合子元側近小島敏...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真