日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 河相我聞 ラーメン店展開で権利トラブル!?

河相我聞 ラーメン店展開で権利トラブル!?

kaaigamon.jpg『いじめられない力』河相
我聞

 ラーメンプロデューサーなどの肩書で業界内では名の知れた須藤健之が、俳優の河相我聞の所属事務所から、パブリシティ権の使用料を請求されながら、逃げ回っていることが明らかになった。

「須藤は、事務所に内緒で我聞と運営会社をつくって、ラーメン屋『我聞』をオープン。大繁盛したにもかかわらず、事務所が須藤側にパブリシティ権料を請求すると、本人は逃げ回っているんです。話し合いすらしようとしないなんて、常識がない男ですよ」(事務所関係者)

 俳優として活躍していた河相我聞がラーメン店をオープンしたのは平成16年。本人もテレビ出演したことで人気を呼び、ラーメン店はその後、全国展開された。

「これをプロデュースしたのが須藤です。須藤は我聞と事務所の承諾なしに会社を作って、ラーメン店で3億円近いともいわれる利益を上げたんです。しかし、我聞の名前と肖像をあれだけ前面に出してビジネスをしているんだから、事務所にロイヤリティが入ってこないなんていうことはありえない。タレントの肖像をビジネスで利用する場合のパブリシティ権は事務所も有するというのが常識。芸能ビジネスの根幹を揺るがす問題なので、事務所はカンカンで告訴も辞さない構えです」(テレビ関係者)

 さらに、須藤は、我聞や運営会社の関係者にも「ラーメン店は利益が出ていない」と報告し続けて、実際に上げていた利益に見合うような報酬を彼らに払っていなかったようだ。現在は、我聞も須藤と対立関係にあり、「ラーメン我聞」をめぐる権利トラブルは泥沼化しそうな気配。須藤側は、ラーメン業界の信用を落とさないため、話し合いのテーブルについて解決を目指すべきだろう。

いじめられない力

父親としても。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 藤原紀香の「顔」は誰のもの!? “音事協”に聞く肖像権の行方
【関連記事】 『999訴訟』松本零士と和解した槇原敬之の影に謎の占い師
【関連記事】 藤崎奈々子のラーメン屋が”極秘”オープンしていた!

最終更新:2009/03/18 19:29
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

盛り上がる夏ドラマ! 今クール一番人気は?

夏ドラマの評判をチェック!
写真
特集

「結いのおと」を成功せた“実行力”

 新型コロナもひとつ一段落し、今年はリアルでのイベントが盛り上がりをみせている。特に人々が待ち焦がれていたのが、音楽フェスだ。日本でフェス文化が一...…
写真
人気連載

「人種差別」を訴えたコメディアン

 今アメリカで、人気スタンダップコメディアン...…
写真
UPCOMING

aimiが語る、日本のR&Bシーンへの想い

 「R&Bシンガー」を名乗って2020年から活動しているaimi。1万4000人が参加した国内大規模のオーディションで準グランプリに輝き、...…
写真