日刊サイゾー トップ  > リョナ・グロマンガ家・氏賀Y太

【ルポルタージュ】氏賀Y太 リョナ・グロとマンガに人生を全振りする男のスケッチ

「エログロス Vol.3 」(ジーウォーク)

 入稿は終わった、ひっそりと。

 寒さも一段と厳しくなる予報に、暖かい夏が恋しくなる2018年の2月2日。中目黒のビルにあるオフィスで、編集長の渋谷一功は確かな手応えを感じていた。

 入稿を終えて、ほっとしながらデスクの上に山のように積み上げられた校正紙を整理した。そして、もう一度、表紙が印刷された校正紙を眺めた。

 そこには、こう書かれていた。

「リョナ+ニッチ系アンソロジー エログロスVol.3」

 血塗れの女の身体。その身体から切り落とされ、もはや生命の失われた生首のイラスト。そこには、おどろおどろしい書体で、こう印刷されていた。

「バックリ愛首イリュージョン」

 始まりは、メールのやりとりからだった。

 それは、エロマンガ編集者にとっては、いつもの仕事。一緒に何かの作品を作りたいと思わせる才能と出会った時、その描き手に「あなたに会いたいのだ」と気持ちを伝えるのは、いつもメールだ。今どき大抵のマンガ家は、自分のサイトやSNSアカウントを持っている。それは著者にダイレクトに届く連絡先。手紙をしたためて封書で送るのと、同じくらいに礼儀正しい常識的な手段。

 でも、すぐに「待ってました」と返事をよこすマンガ家なんて、ほとんどいない。だから、編集者はいろんなことを考えながら、待たされる。メールを読んでくれたのだろうか。果たして、返事をくれるのだろうか。返事をくれたとして、いま仕事を受けてくれるスケジュールの余裕があるのだろうか。別の出版社の名前を挙げられて、断りのメールが来たときには、心底がっかりとする。

 それでも、メールを送るのならば、今が絶好のタイミングではないか。確証はないが、渋谷の編集者としての経験から来る勘が、メールを打つ手を止めることはなかった。

「一緒に何かできませんか」

 相手は、自分自身も読者として作品を読んできた描き手。編集者目線だけの文面になってはいないか。いつもより、言葉に気を使わなければならないと思った。幾度か、文章を黙読してから送信ボタンをクリックしようとして、もう一度だけ本文の一行目に書いた名前の文字を確認した。

 普段使っているパソコンには、その名前を、単語登録していた。けれども、万が一間違っていやしないか、気になった。

 そこには、間違うことなくメールの相手の名前が記されていた。

「氏賀Y太」

 早く返事をくれますように……そんな願掛けをしながら送信ボタンをクリックした。

 残念なことに、氏賀はちょうど原稿が多忙な最中だった。だから、メールの返事は忘れた頃になって、ようやく届いた。

 * * *

 これが、氏賀の発案によるリョナ+ニッチ系アンソロジー「エログロス」誕生の発端である。

 氏賀Y太というマンガ家を説明するならば「知る人ぞ知る大御所・ベテラン」という言葉がふさわしいだろう。その名に震える人もいる一方で、広く世間で誰もが読み、飛ぶように作品が売れるタイプの描き手ではない。

 その名前を知る者の、震え方もさまざまだ。

 氏賀の描く作品が収録された単行本には、いずれも出版社が黄色い楕円形に「成年コミック」と文字が刻まれたマークを付ける。いわゆる出版社の自主規制マークというやつである。1996年から用いられるようになったマーク。黄色い楕円がアピールするのは、通例ならば収録されている作品が性的な興奮を得られるエロマンガであるということ。今や、エロマンガは日本のマンガ文化の重要なジャンル。エロマンガを振り出しに、メジャーな作品へと階段を上っていった者は星の数ほど。情熱の温度差はあれども、読者の数も数限りない。

 年齢制限をすることで、さまざま「過激な」描写が入り乱れるエロマンガの世界だが、そうした描写に慣れ親しみ、刺激を求める人々も、氏賀の名前を挙げると、少し顔を曇らせる。

「私は、興奮しないのだが……」それが、氏賀の作品が話題に出た時に、多くの人が添える枕詞だ。まるで、小学校でクラスの本棚に1冊だけ置いてあった幽霊やお化けの話をまとめた、怖い本のような扱い。

 一方で、私もそうだが、ほかに誰も描かない独特の世界観に、性的なものとはまた異なる異質な興奮を見いだす者も少なくない。そう「エログロス」が、創刊から1年足らずで、第3号まで、潰れることなく出版社から発行されるくらいには……。

12345678910

【ルポルタージュ】氏賀Y太 リョナ・グロとマンガに人生を全振りする男のスケッチのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

ナイツが語るYMOと“テクノ漫才”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

日本人の歪んだ愛国心に未来は?

 昨年刊行された『日本国民のための愛国の教科書』(百万年書房)という本がある。タイト...
写真