日刊サイゾー トップ > スポーツ > 格闘技  > 『THE OUTSIDER SPECIAL』戦慄の舞台裏レポート【2】

『THE OUTSIDER SPECIAL』戦慄の舞台裏レポート【2】

os0406.jpg【1】はこちら

“男暦27年…マッドジーニイズ”
能仁(東京・27歳/初出場)

 青コーナー控え室にゴロンと横たわり、精神集中を図っていた能仁選手。据わった目付き。スキンヘッドに刻まれたトライバルタトゥー。タダ者じゃない雰囲気がプンプン漂うが、いったいどんな人物なのか? 恐る恐る声をかけた。

──その頭部のタトゥーは、いつ入れたんですか?

「去年ですね。彫り師の親方に入れてもらいました」

──背中にも英文字のタトゥーが入ってますよね。M……A……D……の先が読めません。なんて書いてあるんですか?

「マッドジーニイズ。僕のやってるバンド名です」

──てことは、能仁選手はミュージシャンでもあるんですか?

「……とは呼ばれたくないですね。肩書きでくくられるのが嫌いなんで」

──今回なぜ、アウトサイダーに出ようと思われたのでしょう?

os0407.jpg「21歳で結婚して以来、長い間落ち着いていたんですけど、それまではずっとアウトサイドで生きてました。去年離婚して、ちょうどそのころアウトサイダーの存在を知り、いろいろ思うところがありまして……。27歳になった今、果たして何が出来るのか。アウトサイドで生きていた時代に培ってきたもんが、まぁ衰えているとは思うけど、どこまで通用するのか、ってことを30になる前に試してみたかったんです」

──20代前半までは、暴走族などに所属を?

「いや、暴走族じゃないです。上限関係が嫌いだったので。でも、仲間との”つるみ”はありましたね。一人で暴れるときもあったし、仲間が暴れ始めてそれに乗っかることもありました」

──地元はどちらで?

「八王子です。不良が多い街でした。揉める相手といったらそこらへんの名のあるチームの奴らだったし、そいつらが出て来たからといって引けないので、喧嘩は絶えなかったですね」

──格闘技の経験は?

「ないに等しいですね。総合を半年かじって、草試合にちょっと出た程度」

──対戦相手はハタチの学生ですね。

os0408.jpg「すごい強い奴とやらせてほしい、とリングスさんにお願いしてたんですけど、まさに狙っていた通り。ちょうどやりたかったタイプの相手ですね。若くて、元気で、格闘技経験も豊富。そういう若くて強い相手に、ちょっとトシを感じてる部分もある俺が、どんだけ渡り合えるのかっていう腕試しをやりたかった。一発で倒されちゃうかもしれないけど、まぁ、思い切って行きますよ」

 一発で倒されはしなかったが、1R途中にタオルが投入され、敗れ去った能仁選手。しかし、殴られても蹴られても前へ出て行く喧嘩根性に、会場からは大きな拍手が起きた。

IMG_9370.jpgTHE OUTSIDER SPECIAL ポートレート【03】
羽田光成選手(撮影/水野嘉之)

_MG_0909.jpg“ストリートファイトの重鎮 人生喧嘩任侠”
中村トッシー(茨城・33歳/初出場)

 ヒップホップやトランス系の入場曲が多い中、ただひとり、演歌で渋く入場してきたのが、新顔の中村トッシー選手だ。着流し姿がやたらと板についており、リングイン後の立ち振る舞いにも大人の風格。

 これで負けたらただの色物になりかねないところだったが、結果は圧勝。第2回大会でベストバウト賞を受賞し、第4回大会でも勝利を収めた高田敬久選手(兵庫・26歳/出場3回目)を、難なく退けた。

 青コーナー控え室に涼しい顔で引き上げてきたトッシー選手に、話を聞いた。

──いやぁ、堂々たる試合運びに驚きました。相当、喧嘩の場数を踏んでいるのでは?

_MG_2464.jpg「私は、人生そのものが喧嘩だと思っています。トシを重ねていくと、ただ生きてるだけでも、殴り合わない喧嘩ってのがあるじゃないですか。そういったものを含めた場数では、若い彼(高田選手)より上だったと思います」

──ひょっとして、任侠の世界の方ですか?

「いや、普通の仕事をしていますよ」

──どんな学生時代だったのでしょう?

「スポーツ経験はサッカーだけ。高校を卒業してから、ずっと運動から離れてました。でも、30を過ぎてから、このまま普通の中年になっちゃいけない、このままじゃ若いモンに示しが付かない、と思う機会が増えまして、遅ればせながら格闘技を始めました。最初は腕立てにせよなんにせよ、誰にもついていけなかった。最近になってようやく、仲間に迷惑をかけない程度のレベルになれた、という感じですね」

_MG_2521.jpg──何か武勇伝があれば、教えて欲しいのですが。

「……そういうのは自分の口から言うべきものではない、と思います。感じ取って頂ければと」

 言うことが、いちいち渋いトッシー選手。活字では伝わらないが、その声質もかなり渋かったということを付け加えておく。

IMG_9370.jpgTHE OUTSIDER SPECIAL ポートレート【04】
中村俊太選手(撮影/水野嘉之)

 赤コーナーの控え室に戻ると、SHIN選手は不在。渋谷選手も相変わらず不在であった。キョロキョロしていると、常連組の武井選手と目が合った。
【3】につづく/取材・文=岡林敬太)

DVDでわかる!空手道入門

明日のためのその2。

amazon_associate_logo.jpg

●過去の『THE OUTSIDER』レポート
第1回 K-1関係者も度肝を抜かれた! 「ガチンコ不良バトル」の舞台裏
第2回 「ありがとう」瓜田、敗れて潔し!『THE OUTSIDER 第弐戦』詳報
第3回 “不良の格闘技大会”参加者たちの魂の叫びを聞け!
第4回 THE OUTSIDER第4戦 腕自慢の喧嘩屋同士がガチ勝負!

最終更新:2013/02/12 11:14

『THE OUTSIDER SPECIAL』戦慄の舞台裏レポート【2】のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

新進気鋭の研究者が語る情報社会の今後

通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサ...…
写真
インタビュー

中島岳志が分析する都知事選・前

現職・小池百合子の圧勝に終わった都知事選。実は、この裏で今後の国政を占う重要な選挙が行わ...
写真