日刊サイゾー トップ > 芸能  > 緻密な戦略で成り上がった矢沢永吉に見る驚異的な「ビジネス力」

緻密な戦略で成り上がった矢沢永吉に見る驚異的な「ビジネス力」

yazawaeikichi.jpg『YOUR SONGS5』矢沢永吉

 日本の音楽界では近年、ベテラン勢の活躍が目立っている。デビュー20周年、30周年を迎える歌手やバンドも増えてきた。その中でも、2009年もっとも注目を集めているのは、還暦という節目を迎えるYAZAWAこと矢沢永吉。今年6月にはニューシングルを発表する一方、9月には東京ドーム公演を控えている。

 音楽的な才能に加え、名著『成り上がり』などで披露した男気あふれるキャラクターなども相まって、カリスマ的人気を誇ってきた矢沢永吉。98年には身内による横領事件で約35億円の借金を背負うも、わずか10年足らずで完済するなど、音楽関係者の間では、そのビジネス的な手腕も高く評価されている。

「矢沢さんのビジネス面における成功要因は、大きく見て2点あります。まずは、原盤権等の権利を自らの手で管理してきたこと。よくも悪くも”音楽バカ”の多いロック界では、こうした権利関係に無頓着な人が多く、矢沢さんはまさに著作権ビジネスの先駆者でした。もう一つは、コンサート時の定番商品である”YAZAWAタオル”に代表される、ファン向けグッズ販売で大成功を収めたことです」(レコード会社関係者)

 音楽著作権と、グッズ販売等に関わるマーチャンダイズ権といえば、今の音楽界ではビジネス的成功を左右する重要なキーワード。特にグッズ販売については、CD不況の今、多くの歌手やバンドにとって主要な収入源にさえなっている。そのため、「レコード会社と所属事務所の間で、グッズ販売収入の分配をめぐってモメ事が起きることもある」(前出の関係者)。その点、矢沢永吉は20年以上も前から”YAZAWAブランド”から派生する様々な権利を一手に管理することで、安定した収入を得てきた。

「矢沢さんの場合、出したCDが100万枚売れるわけではありません。しかし、CDをそれなりに売り上げ、コンサートツアーで1枚5000円のYAZAWAタオル等を販売すれば、莫大な収益が上がる。不況の今こそYAZAWAに学べ、と説くレーベル関係者も少なくありません」(前出の関係者)

 海外では、ミック・ジャガーやマドンナなどを筆頭に、ビジネス面で才覚を発揮するアーティストは珍しくない。権利ビジネスの側面を強める日本の音楽界において、今後、ビジネスカリスマ・矢沢永吉の動向に改めて注目が集まりそうだ。
(文=玉井光太郎)

YOUR SONGS5 [Maxi]

成り上がれ。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「俺の歌を歌わせろ」長渕剛がジャニーズ事務所に宣戦布告!
【関連記事】 「夏フェス」ブームは終焉へ ウワサされるチケット販売不振
【関連記事】 宇多田ヒカル4年半ぶりの”Utada”で「離婚後の心境暴露?」

最終更新:2009/04/24 13:35

緻密な戦略で成り上がった矢沢永吉に見る驚異的な「ビジネス力」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるwithコロナ時代の防災

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍し、現在はアパレルブランド「ARIST...
写真