日刊サイゾー トップ > 芸能  > 音楽ソフト市場の世界的不況が深刻化 頼みのネット配信はどうなる?

音楽ソフト市場の世界的不況が深刻化 頼みのネット配信はどうなる?

ipodshuffle.jpgポータブルプレイヤーの進化は止まらないが、
肝心の音楽コンテンツの未来は……。

 音楽ソフト市場の世界的な縮小傾向が止まらない。日本経済新聞4月29日付朝刊によると、全米レコード協会(RIAA)が公表した2008年分統計で、米国の音楽ソフト販売額は前年比18%減の84億8,020万ドルにとどまったことが判明。その内訳をみると、ネット配信は前年比30%増と好調だったが、CD販売は同27%も減ったという。折からの「CD不況」が、音楽ソフト市場の凋落に拍車をかけた形だ。

 このRIAA統計は、音楽ユーザーの興味深い動向も示している。ネット配信全体の64%がシングル曲の売り上げだったというのだ。一曲ごとに購入できるネット配信の特性もあり、ユーザーのシングル志向の高まりがうかがえる。

「欧米ではネット配信が本格化した00年以降、各レコード会社はまず、ネットでシングル曲を売り込むことに注力してきました。しかし、ここにきて、利幅の大きいアルバムの売り上げ向上にも力を入れています。各種の特典や値引きなどで、ネット配信におけるアルバム販売のシェアを高めることに必死です」(レコード会社関係者) 一方、日本の音楽ソフト市場事情はどうか。日本レコード協会の08年分統計によると、CD生産額は前年比10%弱減ったが、ネット配信(ケータイ含む)の総売上高は同20%ほど増えている。

「日本の場合、ケータイによる音楽配信が突出して人気を呼んでおり、ある意味でアメリカ以上にシングル志向は強まっているといえます。そこで注目すべきは、PCを経由したネット配信の売上高が、ネット配信全体の10分の1ほどの規模にとどまっていること。これには、CDの流通に配慮する各レコード会社の思惑も絡み、人気曲がなかなかPC向けに配信されないことも大きな要因です」(前出の関係者)

 賛否両論はあるものの、CD販売からネット配信へのシフトは今後も続くとみられる。その点、日本においてはPCを経由したネット配信という”未開のマーケット”が広がっており、今後の音楽ソフト市場のテコ入れのカギを握るといえる。

 著作権保護などの課題はあるにしても、音楽ユーザーとしては、ネット配信は実に便利なツール。各レコード会社がより幅広い楽曲をPC配信向けに開放するよう望みたい。
(文=玉井光太郎)

音楽の基礎

基礎から。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 緻密な戦略で成り上がった矢沢永吉に見る驚異的な「ビジネス力」
【関連記事】 実刑回避は「金次第」!? 小室哲哉に同情派増加中
【関連記事】 「夏フェス」ブームは終焉へ ウワサされるチケット販売不振

最終更新:2009/05/02 08:00

音楽ソフト市場の世界的不況が深刻化 頼みのネット配信はどうなる?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

安倍首相、買収マネーで孤立無援

今週の注目記事・第1位「河井夫妻『買収』原資...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が語る「殺害予告」の真実

 日本人最多とされる殺害予告を受け、6年以上に渡って誹謗中傷を受け続ける「炎上弁護士」...
写真