日刊サイゾー トップ > 芸能  > なぜ別人が!? 『仮面ライダーディケイド』意味不明キャストの深い理由

なぜ別人が!? 『仮面ライダーディケイド』意味不明キャストの深い理由

rider_decade.jpg『仮面ライダーディケイド』テレビ朝日

「平成仮面ライダー」シリーズ10作目として話題の『仮面ライダーディケイド』。

「10年に1度のお祭り」というコンセプトのもと、歴代の仮面ライダーが総登場するとあって、ファンの期待を集めていたが、フタをあけてみると、意外にも(?)オリジナルキャラは全く別の役者さんが演じるというフシギな世界になっている。

 歴代ライダーといえば、すでに有名だった細川茂樹(響鬼)は別として、オダギリジョー(クウガ)、水嶋ヒロ(カブト)、佐藤健(電王)、要潤・賀集利樹(アギト)、半田健人(555)などは、仮面ライダーをほぼテレビデビュー作として、後のテレビ界・芸能界で活躍するようになった人気者ばかり。

 そんな彼らが再び仮面ライダーを演じるとなると、「10年に1度のお祭り」感も高まろうというものだが、残念ながら、ご本人出演は脇のキャラばかりで、主役級は軒並み「代役」状態。

 これには「五代君はオダギリジョーだろ!! そんなトコロを変えてまで、過去の仮面ライダー出したかったんか?」「性格が全然違う……」「あの空気感が全然出ていない!」などなど、失望の声がネット上で多数あがっている。

 作品自体は好調で、代役陣も豪華キャストで、力の入った演技を見せてくれているが、やっぱり拭えないのは、「なぜ別人が演じるのか」という疑問だ。

 しかも、それが、作品中では一切説明されていない。これはなぜなのか。「パラレルワールド」として、別モノと見るべきものであって、これまでの作品と重ね合わせるのが無粋だということか?

 そもそもこれだけの人気役者たちのスケジュールをおさえることが、現実的に難しい部分もあるだろうけれど……。全員にオファーしているの? テレビ朝日・広報担当者に聞いたところ、「非常に微妙な問題なので、コメントするのは難しいです」の一言だけ。

 また、過去にライダーを演じたある役者さんの事務所に尋ねてみると……。

「東映さんからは、全くオファーがないです。意図は全くわからないですし、プロデューサーがどう考えているかもわかりませんが、オファーがないのに出るわけにいかないですよね?」と衝撃のご回答!

 そもそも『ディケイド』の中で、いつ放送されるのか、代役を誰が演じるのかなども、連絡は一切ないのだという。俗にいう「仮面ライダーの中の人」あっての番組だと思うのに、この対応って……?

 こうした背景について、特撮関係者は言う。

「もともと戦隊、ライダーなどは若手を育てているところで、早朝から山でロケをするなど、本当に激務なんですよ。それに耐えうる役者さんとなると限られていますし、これまでも裏方を待たせて大遅刻する役者さんとか、嫌々やってる感じの人もいたんです。ギャランティの問題もあるでしょうし……」

 とはいえ、「ライダー出身」ということを経歴から外している役者さんは別として、10年に1度のお祭りだし、オファーすれば快く受けてくれるライダーOBもたくさんいそうな気がするけど……。オファーくらいはしてみても良かったんじゃないでしょうか……。
(サイゾー公式携帯サイト「サイゾー裏チャンネル」より)

Plastic City プラスティック・シティ

外してる人。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「長者番付」廃止から3年……今いちばん稼いでる芸能人って誰!?
【関連記事】 「早く終わらないかな……」中居正広『婚カツ!』大コケでSMAP内格差が拡大中
【関連記事】 本能寺爆発、ワープ、心霊現象……NHK大河『天地人』の多すぎるツッコミ所

最終更新:2009/06/14 11:00
こんな記事も読まれています

なぜ別人が!? 『仮面ライダーディケイド』意味不明キャストの深い理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

『シンゴジ』以降の主流なき邦画界

 興収83億円を記録した『シン・ゴジラ』(16)を最後に、日本の実写映画から50億円...
写真