日刊サイゾー トップ > 社会  > 「一般人による宇宙旅行」の夢断たれた榎本大輔氏 スペ・アド社と和解

「一般人による宇宙旅行」の夢断たれた榎本大輔氏 スペ・アド社と和解

enomoto_dice-k.jpg榎本大輔氏

 宇宙旅行の代金として支払った費用の返還、もしくは宇宙旅行の早期実現を求めて宇宙旅行専門会社「スペース・アドベンチャーズ社」を相手取って訴えを起こしていた元ライブドア取締役で実業家の榎本大輔氏が、同社と和解していたことが、ポータルサイト「sorae.jp」<http://www.sorae.jp/>の報せで明らかになった。

 榎本氏は2006年、日本人初の民間人による宇宙旅行を実現すべく、同社に約2,000万ドルを支払い、ロシアの「ソユーズ宇宙船」で宇宙旅行を行う予定となっていた。だが、打ち上げの21日前に”健康状態”を理由にクルーから外され、以降も宇宙旅行を実現できていない榎本氏は08年、同社を相手に、旅費の返還もしくは早期の宇宙旅行実現を求めて訴訟を起こしていた。

 今回の和解について榎本氏は、以下のようにコメントしている。

「和解内容は非公開です。もちろん宇宙旅行は諦めてはいないです。早ければ次は2012年に行けるかも知れませんし、いろいろと作戦を練っている最中です。”星の街”での約1年の訓練で、アメリカとロシアの最先端の宇宙開発に触れることができたし、現役の宇宙飛行士と触れることができたのは、ものすごい経験になりました」

 今後は宇宙旅行への夢を追いつつも、「ライブドア退社時の公約である”ヨットでの単独太平洋横断”に向けても準備を進める」という榎本氏。実業家から冒険家への果敢な転身はまだ始まったばかりである。

宇宙旅行ハンドブック

NASAでの訓練はいらないらしい

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 ホリエモン、宇宙を語る!「ロケットビジネスや寿命を延ばす研究をしていきたい」
【関連記事】 『コスモアイル羽咋』に愛すべき”UFOバカ”のド本気を見た
【関連記事】 ネタ切れハリウッド苦肉の策!? 『スター・トレック』の新たなる始まり

最終更新:2009/07/15 17:14

「一般人による宇宙旅行」の夢断たれた榎本大輔氏 スペ・アド社と和解のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

たけし映画はもう見られないのか

 先日、「週刊新潮」が報じた、ビートたけし(...…
写真
インタビュー

エルフ荒川「吉本芸人はみんなギャル」

新型コロナに戦争、円安、物価高騰──暗い話題が多...…
写真