日刊サイゾー トップ > 芸能  > ウルフルズ活動休止の本当の理由

ウルフルズ活動休止の裏側でささやかれる「シビアなビジネス事情」

to-tasumatsumoto.jpg7月15日に発売されたトータス松本のソロアルバム
『FIRST』(ワーナーミュージック・ジャパン)

 ウルフルズが先日、無期限の活動休止を発表したことが、音楽業界内外に波紋を広げている。デビュー以来、ヒットにはさほど恵まれなかったものの、コンサートでは安定した観客動員を誇ってきたウルフルズ。息長く活動するタイプのバンドと見られていただけに、「なぜいま休止なのか」と失望の声も聞かれる。


 しかし、バンド事情に詳しいレコード会社関係者は「これは計画通りの休止劇ではないか」と指摘する。

「ウルフルズの所属事務所TAISUKEの森本社長は、ナニワ商人風の物腰で有名なやり手業界人です。ウルフルズや、同じく所属するBONNIE PINKはいずれもデビュー以来長く低迷していましたが、同社長の手腕もあり、結果的にはヒットに結びつきました。最近ではSuperflyなどの若手も育っている。ここでさらに、ウルフルズで唯一タレント性を持つトータス松本をソロでブレイクさせるために、事務所として周辺環境の一新を図ったのが、活動休止の真相ではないでしょうか」

 実際、ペプシのCMキャラクターに抜擢されるなど、最近、トータス松本をクローズアップする動きが目立っていた。また、今回の活動休止発表は、トータス松本のニューアルバム発売を間近に控え、ソロでの大型メディア露出が組まれたタイミングでのこと。やはりそこには、マーケティング的な戦略性を感じざるを得ない。

 一方、ベテランバンドが直面する「収入問題」を指摘するのは、別のマネジメント事務所関係者だ。

「ベテランバンドの場合、メンバー間の収入格差の調整が難しいのです。作詞や作曲を行っているメンバーは一定の印税収入が見込めますが、演奏だけしかしていないメンバーの場合、収入の多くは事務所から支払われる給料だけ。しかし、メンバーがある年齢以上になれば、相応の給料を払う必要が出てくるため、小さな事務所にとっては大きな負担となります。それよりも、バンドを解散して中心メンバーとだけ再契約を結び、必要に応じてスタジオミュージシャンを呼んだほうが、事務所にとってははるかに経済的なんです」

 いずれにしても、トータス松本以外のメンバーの生活が厳しくなるのは間違いなさそうだ。
(文=石山博美)

最終更新:2014/02/26 11:32
関連キーワード

ウルフルズ活動休止の裏側でささやかれる「シビアなビジネス事情」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

フジHD、株主総会で怒号の嵐

 毎年「荒れる」といわれているフジ・メディア...…
写真
インタビュー

瓜田純士、実父への想いを歌う

ウルフルズが先日、無期限の活動休止を発表したことが、音楽業界内外に波紋を広げている。デビ...
写真