日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「押尾学の次は誰だ!?」”自粛ムード”広がる音楽業界のクスリ事情

「押尾学の次は誰だ!?」”自粛ムード”広がる音楽業界のクスリ事情

rave_image.jpg※画像はイメージです

 麻薬取締法違反容疑による押尾学逮捕事件が、音楽業界にも波紋を広げている。ここ数年、ラッパーの練マザファッカーが大麻取締法違反容疑で逮捕されるなど、ヒップホップやクラブミュージック界隈を中心にドラッグ問題が指摘されてきたが、ここにきて注目されているのは、ズバリ「音楽制作関係者の不祥事」だというのだ。

 約2年前、超大物女性シンガーAを担当していた有名ディレクター氏が、麻薬関連で逮捕される不祥事も起きている。

「日本レコード大賞の受賞式にも出たことのあるディレクター氏が07年末に突然失踪したと、音楽業界内で大いに話題となりました。翌年、同氏は失踪した状態のまま所属のレコード会社を退社していますが、実はクスリで逮捕・拘留されていたのが真相です。同氏はすでにフリーの音楽プロデューサーとして現場復帰しており、そのあたりが音楽業界の甘さなのですが……。いずれにしても、各社はこれを教訓に、社員教育を引き締めたといわれています」(レコード会社関係者)

 他方、レコード会社社員の中には、夏から秋にかけて全国各地で行われるレイヴパーティに参加する者も多い。そうしたパーティでは、LSDや大麻、覚せい剤(スピード)に手を染める不届き者も少なからず出てくる。現在のレイヴパーティの参加者の多くは30代の”小金持ち”であり、高価なドラッグを購入する資力も有している。「当局が本気で捜査を行ったら、有名レコード会社社員が多数つかまるのでは?」(前出の関係者)との懸念の声も聞かれる。

 なお、有名レイヴパーティ「S」の常連客だったのが、あの酒井法子だという。目撃者によれば「坐った目つきで、一心不乱に踊り続けていた」とのことで、いささか挙動に不審な点があったようだ。

 当局は近年、音楽にまつわる薬物事犯の検挙に力を注いでいるといわれる。クラブ周辺では”自粛ムード”が広がるが、「意外な盲点はロックバンド関係です。バンドマンにはハッパ好きが多いですから、誰か一人つかまれば、芋づる式に逮捕されかねない」(前出の関係者)との声もあり、今後の報道から目が離せない。
(文=石山博美)

太陽と風のダンス

レイヴァー入門書。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「やはり”失踪”ではなく”逃走”だった!?」酒井法子に覚せい剤で逮捕状
【関連記事】 「死人に口なし……」麻薬逮捕の押尾学供述に死亡女性関係者が真っ向反論!
【関連記事】 日本はドラッグ無法地帯!? ドラッグの世界潮流と日本ドラッグ事情

最終更新:2009/08/08 17:21

「押尾学の次は誰だ!?」”自粛ムード”広がる音楽業界のクスリ事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

ジャニーズ新世代「なにわ男子」デビュー!

関西ジャニーズJr.から7年以上ぶりにデビュー! すでに人気加熱気味のなにわ男子は天下を取るか
写真
人気連載

金爆「もう紅白に出してくれない」現実に

 2年ぶりに有観客で開催される『第72回NH...…
写真
インタビュー

【再掲】下ネタ大好きでも不潔なネタは嫌い…キングオブコント最下位でもオファー殺到の『空気階段』による“コントの作り方”

 今年、多くのテレビ番組に出演し、『キングオブコント』でも決勝へと駒を進めた空気階段...
写真