日刊サイゾー トップ > 社会  > 千秋パパの社長職復帰は財閥系企業の閉鎖性が原因!?

千秋パパの社長職復帰は財閥系企業の閉鎖性が原因!?

chiakipapa.jpgタレント千秋のパパとしても有名な、藤本勝司・
日本板硝子会長。右は、「英国の家族を大事に
したい」と、同社社長職を辞した、スチュアート・
チェンバース氏。

 東京UFJ銀行が8月から取り扱いを開始した投資信託(以下、投信)が、金融業界で話題だ。投信とは、複数の株式や債券を組み合わせた金融商品。話題となっているのは「ダイヤセレクト日本株オープン」なるもので、”スリーダイヤ”とも称される三菱グループ傘下企業の株式のみを組み合わせた異色の商品だ。パンフレットには投資先企業として、三菱重工業や三菱地所、三菱倉庫などが並び、「伝統と信頼の三菱グループに投資を」とうたわれている。財閥系企業に集中投資する投信とは、「儲かるならなんでもありの兜町でも、聞いたことがない」(証券会社関係者)とのことだが、あるアナリストは、「特定の財閥系企業だけに投資するなんて、独占禁止法の縛りが厳しい欧米だったら、金融当局から認可も下りないような微妙な代物」とあきれ顔だ。

 これに対し三菱系企業の中堅社員は、「旧財閥系企業同士で株式を保有し合う”持ち合い”に対する締め付けが厳しくなっていることが背景にある」と明かす。今回の投信の販売元は、東京海上アセットマネジメント投信という三菱系の資産運用会社で、「ある企業への買い支えが必要な時に、その企業に重点的に投資配分を変えることができてしまう」(前出のアナリスト)。つまり、新しい形の株の持ち合いではないかというわけだ。

 世間の批判を前におとなしくしてはいるが、その裏で財閥系企業グループの結束はより強固になっている。それというのも、閉鎖的とされてきた日本市場にも外資の影が濃くなっており、「外資にM&Aをされないよう、身内同士で結束を強める方向に進んでいる」(前出の証券会社関係者)ためだ。実際、財閥系企業のこうしたエピソードは、三菱以外でも事欠かない。

最終更新:2010/04/06 14:05
関連キーワード

千秋パパの社長職復帰は財閥系企業の閉鎖性が原因!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

小岩が「夜ふかし」の悪イメージから生まれ変わる!?

 東京都江戸川区に位置する小岩は、今でも下町風...…
写真
インタビュー

スピリチュアル市場のサバイバル

 現代社会においては宗教も市場競争にさらされ、人々が自分にふさわしい考えや実践をマー...
写真