日刊サイゾー トップ > 芸能  > TBSの元女性芸能リポーターが傷害で書類送検 局側の無責任対応に被害者激怒

TBSの元女性芸能リポーターが傷害で書類送検 局側の無責任対応に被害者激怒

2jicchao.jpgTBS『2時っチャオ!』HPより

 TBSの元女性芸能リポーターYが10月20日、傷害容疑で滋賀県警から書類送検されていたことが明らかになった。

「自局の番組で起用しているレポーターによる行き過ぎた取材の結果、傷害を負わせた被害女性から告訴され、書類送検されたにもかかわらず、TBSは無関係を装う。許せませんよ」(被害女性の友人)

 事の発端は2月に俳優のJJサニー千葉(旧芸名・千葉真一)が開いた記者会見だった。ここで千葉は、自身が主宰する俳優養成学校「サウザンリーブス ハリウッド京都」に絡むスキャンダル報道に対して「事実無根」と激怒し、反論した。

「会見の場で、千葉サイドの弁護士が、スキャンダル報道のネタ元とされるK氏に送った内容証明を取材陣に配るという行動に出た。喜んだのは、当時、TBSの『2時っチャオ!』のリポーターだったYとクルーです。ところが、内容証明に書かれている住所の家を直撃したら、実は住所が間違っていたんです」と言うのはマスコミ関係者。

「応対に出た女性はビックリ。『違う』と言ってるのに、強引にYとクルーがドアを開けようとしたため、女性はドアに指を挟んで大ケガをした。女性はTBSに抗議しても、同局は責任を認めないので、滋賀県警にYを刑事告訴したんです」(同)

 滋賀県警はTBSまで出向いて関係者を事情聴取したが、同局は、Yが外部スタッフであることや、すでにYとの契約を打ち切ったことなどを理由に「自分たちには関係ない」と知らんぷりだったようだ。Yの暴挙は裁かれてしかるべきだが、TBSに責任がないと言い切れるのだろうか?

マスコミ就職読本〈2010年度版 1〉入門篇

それでも人気の職場です。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 占師がブログで暴露! 久本雅美の創価学会ネタがカットになっていた
【関連記事】 視聴率崩壊、大幅改変も失敗……TBSはもう「何をやってもダメ」なのか
【関連記事】 幸満(ゆきまろ)ちゃん殺害事件の裏にTBSのモラルなき蛮行

最終更新:2009/11/02 12:06
こんな記事も読まれています

TBSの元女性芸能リポーターが傷害で書類送検 局側の無責任対応に被害者激怒のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

『君の名は。』Pが語るアニメ界の課題

 国内だけで興収250億円、世界興収で3億5,800万ドルを稼ぎ出し、日本映画最大の...
写真