日刊サイゾー トップ > 社会  > 「入手ルート追及のため?」押尾学被告 執行猶予の裏事情と再逮捕の可能性

「入手ルート追及のため?」押尾学被告 執行猶予の裏事情と再逮捕の可能性

oshiomanabu_hoimo.jpg初公判時の白髪だらけの頭には
さすがにびっくり。

 麻薬取締法違反の罪で、懲役1年6カ月、執行猶予5年の有罪判決を受けた元俳優・押尾学被告について新たな情報が入ってきた。

「警視庁捜査一課は、とうとうあの女性の件で押尾を再逮捕する見込みです」と話すのは全国紙記者。

 あの女性というのは押尾被告と一緒にMDMAを服用し、亡くなった飲食店従業員・田中香織さん(享年30歳)のこと。押尾被告が保釈後も、初公判の最中から現在に至るまで捜査は続いていた。

「押尾被告を保護責任者遺棄などの容疑で再逮捕するための証拠集めに奔走していたという話で、もう立件も近いようですね」(前同)

 田中さんの呼吸停止までの間、押尾被告は救急車も呼ばず、マネージャーに電話していたなどの事実も判明している上、初公判での検察の尋問は押尾被告が女性側にMDMAを飲ませたのではないか? という疑惑を追及するものだった。

 執行猶予5年という判決に対し、ネット上などでは「甘い」という批判の声も相次いだが、執行猶予中に再犯を犯した場合、罪は当然重くなる。

「5年間押尾被告を泳がせて彼の素行を調査し、麻薬入手ルートを探ろうとしたのではないでしょうか?」と語るのは薬物事情に詳しい人物。

 再犯を犯しやすい薬物犯罪だけに、逆に5年もの間、警察の目が光っているということでもある。

 本人には芸能界復帰の意思があり、まったく反省をしていないかのように報道されているが、仮に保護責任者遺棄致死罪で有罪となれば実刑は免れず、押尾の先行きは以前不透明なままだ。

裁判長!これで執行猶予は甘くないすか

トロさんも怒ってます!!

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 押尾学のホステス変死事件 遺族の怒りと政治家・大物警察OBによる捜査への圧力
【関連記事】 押尾学”ホステス変死”事件の遺族に「傍聴に行くな」と言う麻布署の横暴
【関連記事】 「お塩事件を風化させるな!!」age続けられるニューストピはネットユーザーの正義感?

最終更新:2009/11/05 12:36
関連キーワード

「入手ルート追及のため?」押尾学被告 執行猶予の裏事情と再逮捕の可能性のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

大林監督の遺作『海辺の映画館』

 人は息を引き取る直前に、その生涯が走馬...…
写真
インタビュー

電気グルーヴ騒動を斬る!

 今年3月、コカインを使用したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された電気グルーヴのピエ...
写真