日刊サイゾー トップ > 芸能  > “顔面崩壊”から「キレイになった」!? プチ整形に走るミュージシャンたち

“顔面崩壊”から「キレイになった」!? プチ整形に走るミュージシャンたち

 ”美容整形した”と噂される芸能人は多いが、ステージの上で勝負するミュージシャンの場合はどうか。あるマネジメント関係者は「女優さんのように派手に整形するケースは稀ですが、売れている女性ミュージシャンの多くが”プチ整形”してますよ」と証言する。

 最近の音楽界でひそかに話題となっているのは、一時の”顔面崩壊”状態から立ち直ったとされる女性シンガーN。2年ほど前に俳優のカレと別れた後、半年間ほど日本を離れていた彼女だが、その間に「肌のハリを取り戻す施術のほか、鼻もリフトアップしたらしい」との噂だ。

 個性的なラブソングで評価が高い女性シンガーソングライターAも、コンスタントな”お手入れ”が囁かれている一人だ。特徴的な鼻筋はそのままであるが、顔の輪郭がデビュー時に比べて随分とホッソリしたと評判だ。

 サイボーグと見まごうほどの巨大な瞳を持つ女性シンガーHの場合、意外なことに大掛かりな美容整形歴はない、と関係者は口を揃える。しかし、年齢相応にくたびれた肌を隠すため、人前に出る際には数時間に及ぶメイクを行うほか、撮影した写真の事後修正は必須。彼女の画像修正を専門に手がけるレタッチ業者も存在するという。

 男性陣では、最近実年齢を公表したビジュアル系歌手Gも、目元や鼻筋を中心にプチ整形したと噂される一人だ。彫りの深い顔立ちながらもヒゲがほとんど生えておらず、脱毛処理の跡がうかがえる。また、バラエティー番組でも活躍中のDの場合は、目元をよりパッチリさせるためにプチ整形を行ったとされ、学生時代の風貌との微妙な違いが指摘されている。

 また、男性陣の場合は頭髪問題も大きなテーマだ。2枚目ミュージシャンの代表格で俳優業もこなすFは、後頭部の毛根を額の生え際に移植する “自毛植毛”の実践者として有名だ。元祖カリスマシンガーのHも同種の施術を行ったといわれ、最近のコンサートでは豊かな頭髪を振り乱している。一方、海外でも活躍するマルチミュージシャンOの場合は、小手先の施術を良しとせず、帽子感覚でカツラをかぶっているという。 

 歌唱力や演奏力だけでなく、ルックスの良さもスターの条件とされるJポップ界。ミュージシャンたちがプチ整形に走るのも、”お仕事”の一環なのかもしれない。
(文=端下義人)

Adobe Photoshop Elements 8 日本語版 Windows版

ワンクリックでべっぴんさんに♪

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 小室哲哉の妻・KEIKOが顔面崩壊!? 「a-nation」復帰ステージで鼻に大きな違和感
【関連記事】 キャラ限界、ネタ切れで整形芸能人暴露!! 西川史子センセイの”お医者の品格”
【関連記事】 金欠で黒人ボディガード解雇のGACKT ホームページ作り直しを放置中!?

最終更新:2009/11/14 11:00

“顔面崩壊”から「キレイになった」!? プチ整形に走るミュージシャンたちのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

石橋貴明、鈴木保奈美との関係性

ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とかく...…
写真
インタビュー

瞑想ブームに見る仏教と科学の関係史

 「マインドフルネスをビジネスに活かす」「瞑想で健康になる」といった言葉が当然に...
写真