日刊サイゾー トップ > 芸能  > 最後の豪傑!? 「世界のサカモト」坂本龍一の奔放人生

最後の豪傑!? 「世界のサカモト」坂本龍一の奔放人生

sakamoto.jpg『CHASM』ワーナーミュージックジャパン

 世界を舞台に活躍する音楽家、坂本龍一。才能もさることながら、独特なキャラクターの持ち主でもあり、その言動は音楽業界で常に話題の的となっている。

 特に有名なのは、華麗な女性遍歴だ。前妻・矢野顕子を含め、2度の離婚歴を持つ坂本には、当然のように夫婦関係以外の熱愛エピソードも多い。

「最近、自身のピアノコンサートで共演したべテラン歌手Oとは一昔前に付き合っており、同棲経験もあるというのは有名な話です。また80年代には、レコード会社のエレベータ内で、個性派パンク歌手Tを半ば強引に組み伏したという話も、業界内でまことしやかに語られています」(レーベル関係者)


 坂本がかつてプロデュースを手掛けていた女優・歌手のNとも、一時は男女の関係にあったと言われている。

「レズ説のあるNが他の女性と交わるのを、坂本さんが楽しそうに眺めていた、なんて話も聞いたことがあります。坂本さんは面食いではないんですが、才能のある女性には特に入れ込む傾向があるようですね」(前出・関係者)

 女性関係以外にも逸話は多い。野外フェスティバルが盛んな昨今では、坂本も大きなイベントに出演する機会が増えている。楽屋でくつろぐ彼を目撃したイベント関係者が苦笑しながら語る。

「日本を代表する大物ロックバンドが演奏中で、バックステージも大いに盛り上がっている時でした。坂本さんの楽屋をチラッと覗くと、坂本さんは大きな耳栓をして、ステージから聴こえてくる音を完全にブロック。PCに向かい、ひたすらメールを打っていました。”嫌いな音楽には一切触れない”という噂は本当だったんですね」

 以前行われた糸井重里との対談で、坂本は「古くからの友人のジャージ姿に怒りを覚え、その場で絶交した」というエピソードも自ら明かしている。近年は所属事務所社長でもあるSさんと事実婚状態を続け、すっかり良識派のエコ活動家と化している世界のサカモト。音楽界きっての変人として、今後もユニークな話題を提供してもらいたいものだ。
(文=市村彰)

CHASM

だって恋愛気質なんだもん

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「アノ人の歌唱力で大丈夫!?」日テレ特番で露見したゆず・持田香織らの”真の実力”
【関連記事】 音楽業界にまた激震! 詩音逮捕に見るヒップホップシーンの薬物汚染
【関連記事】 「マックス松浦にヘコヘコ!?」EXILEのリーダーHIRO”経営術”の実態

最終更新:2009/12/26 08:00

最後の豪傑!? 「世界のサカモト」坂本龍一の奔放人生のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

小池百合子「勝因はコロナ」

今週の注目記事・第1位「熱愛スクープ― 綾瀬...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(2)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真