日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 「1年持たない!?」大塚愛と熱愛発覚のリップスライム・SU”下ネタ連発”の素顔

「1年持たない!?」大塚愛と熱愛発覚のリップスライム・SU”下ネタ連発”の素顔

aiohtsuka.jpg『LOVE JAM』エイベックス・マーケティング・
コミュニケーションズ

 Jポップアーティスト同士による、異色のカップルが誕生した。「女性セブン」(小学館)2月25日発売号が、大塚愛とリップスライムのメンバーSUとの”お泊まり愛”を写真付きで報じている。同誌によれば、SUの熱烈なファンという大塚愛のラブコールにより、昨年秋、彼女のベストアルバムにおいて両者の”コラボ”が実現。しばらくは友人関係が続いていたが、年初より交際に発展し、互いの家を行き来する仲に。SUはすでに、リップスライムのメンバーに大塚を「彼女」として紹介済みだという。

 大塚愛といえば恋愛ソングの名手といわれ、思わせぶりな恋愛発言も多いものの、これまで大きな熱愛報道がなかったアーティスト。音楽業界からはこんな声も聞こえてくる。

「彼女は長くレコード会社のスタッフの一人と付き合っていたんです。ただ数年前には別れたと聞いていましたから、しばらくは彼氏がいない状態だったのではないでしょうか。昨年中はさすがに焦ったのか、合コン的な飲み会によく出ているとの話も聞きました」(レコード会社スタッフ)

 一方、SUはヒップホップ界きってのモテ男といわれる。若くして結婚して家庭を持ったものの、数年前には木村カエラと不倫交際に発展。離婚後は晴れて半同棲生活を送り、再婚秒読みともいわれたが、昨年6月には破局を迎えている。

「SUはリップスライムの中ではイロモノ的な存在で、シモネタを低い声で連発するお調子者キャラクターです。しかし実際のSUは、酒を飲むと人生訓を説くような熱い男。友人思いで優しい面もあり、そのギャップに年下の女性は参ってしまうようですね」(前出のスタッフ)

 もっとも、SUは夜な夜なクラブ界隈に出没しては気に入った女性に声をかけるなど、女グセが悪いとの評判もある。「恋愛に関しては一途」と公言する大塚愛は、果たしてSUの”最後の女性”となれるのかどうか。音楽業界からは「長くて1年では?」という冷めた声も聞こえてくるのだが……。
(文=端下義人)

LOVE JAM

もっぱら話題づくりってウワサ。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 作詞も作曲も……実は自分で作ってない? Jポップ界の”偽装表示”疑惑
【関連記事】 「かなり無理をしている」エイベックスがゴリ押しするGIRL NEXT DOORは大赤字!
【関連記事】 ZEEBRAのハイチ支援活動に非難殺到 ”出る杭は打たれる”日本のチャリティー事情

最終更新:2010/02/27 08:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed