日刊サイゾー トップ > 社会  > 天秤に架けられる「夫婦別姓」と「死刑執行」……千葉景子法相をめぐる混迷
"噂の女"神林広恵のナイショの一説

天秤に架けられる「夫婦別姓」と「死刑執行」……千葉景子法相をめぐる混迷

chibakeiko.jpg政界のジャンヌ・ダルク、千葉氏。

伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ギョーカイの内部情報を拾い上げ、磨きをかけた秘話&提言。

 郵政改革法案、普天間問題と鳩山政権は混迷の度を増しているが、もうひとつの懸案事項である「政治と金」の問題も全面解決したわけではない。土地疑惑で不起訴になった小沢一郎幹事長に関しては、身内である民主党・生方幸夫副幹事長の「理解が得られなければ辞任すべき」騒動で、解任撤回問題を起こすなど、その火種は燻っているのが現状だ。

 そんな中、閣僚の中でもその存在感が疑問視されている一人が千葉景子法務大臣だ。

「小沢vs.検察の最中にも、後に事実が違うことが判明した一方的な検察リークや、女性スタッフに対する違法な捜査が問題になりました。こうした問題に関しては、事実が明らかになった際に千葉景子法務大臣が調査、指導すればいいことでしたが、何もした形跡はない。それどころか、ここにきて法務官僚にいいように振り回されているという実態も浮き彫りになってきた」(大手紙司法記者)

 それが死刑に関する事案だという。

 千葉法相は、いわずと知れた死刑廃止論者。「死刑廃止を推進する議員連盟」に所属していたが、法相就任後に連盟から脱会している。

 だが就任半年にして執行は当然ゼロであり、また夏の参院選まで執行はしないと見られている。小沢問題には手をこまねいていた千葉だが、死刑に関しては信念を貫いている。しかしこれに業を煮やしているのが法務官僚たちだ。

「現在収監されている死刑確定者は109人ですが、これまでの慣例として100人を超えない程度に死刑は執行されている。ですから法務官僚たちはなんとか千葉に署名させようと画策しているんです」(死刑問題に詳しいジャーナリスト)

 そのウルトラCが、やはり千葉のライフワークでもある「夫婦別姓制度」問題だ。

「夫婦別姓に関する民放改正は3月の閣議決定では見送られてしまいましたが、千葉にすれば自身が法相としてこの法案を通せば歴史にも残る。そうした思惑を逆手に取り、法務官僚たちは『死刑執行に署名してくれれば、夫婦別姓法案に関し全面的にバックアップする』とささやきかけているという情報があるんです」(前出ジャーナリスト)
 
 これが本当だとしたら、なんとも姑息な取引だが、ここは千葉法相の踏ん張りどころ。名声なんかにまどわされず、信念を貫き通して欲しいものだ。
(文=神林広恵)

夫婦別姓大論破!

好きなようにさせてよ。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
 宮崎勤、宅間守らが残した”難題” 「死刑制度の穴」を見る
 “裁判員制度”が始まる今こそ注目 死刑執行を克明に再現した『休暇』
 自民党・平沢勝栄議員が「外国人参政権問題」の欺瞞性をブッタ斬る!

最終更新:2010/03/31 12:50

天秤に架けられる「夫婦別姓」と「死刑執行」……千葉景子法相をめぐる混迷のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

千鳥・ノブの顔がやけにハマる?

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

五輪延期でボランティア問題再燃?

 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化するなか、国際オリンピック委員会(IOC)は東...
写真