日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 鳥居みゆきさんの至言「やりたくないこと、やらないだろうな、ってことをやるの」(前編)
【第11回】小明の「大人よ、教えて!」"逆"人生相談

鳥居みゆきさんの至言「やりたくないこと、やらないだろうな、ってことをやるの」(前編)

torii_akari01.jpg

モテない、金ない、華もない……負け組アイドル小明が、各界の大人なゲストに、ぶしつけなお悩みを聞いていただく好評連載。第11回のゲストは、3月25日にDVD『社交辞令でハイタッチ』の「表ワースト編」「裏ベスト編」を2枚同時発売した孤高のピン芸人・鳥居みゆきさんです!

[今回のお悩み]
幸せになっちゃいけない気がして……

──ご無沙汰してます、お元気でしたか? 前に何度か他誌のインタビューでご一緒させていただいて……

 ……近いっすね、距離を置こう(椅子を離す)。

──あ、ひどい。

 あたし、ダメなんですよ。親しくなっても一定の距離は、ないとダメなんです。……『映画秘宝』の人だよね? どうしてここにいるの? クビになったの?

──あ、フリーなので、いろいろやってるんです。

 うん、だってなんか今日これ(「サイゾー」)もらって、「売れないアイドルのインタビュー」みたいに書いてあったの。で、もしかしてそうかなー? と思ったらさー、いるんだもん。

──えへへ。

 あんた、まだ売れてなかったか……。

──初めてお会いしたときから2年経ちましたけど、まだ一向に売れてないです。

 いいんですよ、それくらいで。2年かー、あたしはポップになったなぁ。

──ポップ……? 2年前は私が「パニック発作の抗不安剤がだんだん効かなくなってきて、奇行に出てしまう」みたいな話をして、「効かなくなれば量を増やせばいい、ダメならもっと薬を増やせ」っていう結論だったんです。

 そうですね、はい。

──最近も発作はないにしろ、夜中にモヤモヤすると突発的に走りだしたりする癖が抜けなくて。

 環八? 環七?

──いや、どっちも遠いんで、近所を。

 あたし環七! いいよ、環八は余ってるから、ゆずるよ。

──じゃあ環八はいただくとして、夜中に走ってたりするんですけど……。

 服は黒がいいよ、黒の服。

──ああ、保護色って感じですね。それで走って公園とかに行き着いて、ひとしきりブランコこいだらジャングルジムに登るじゃないですか。

 えー、こわくない? 一番上でしょ! あたし上から2番目のとこがいい。

──「一番上にのぼると、登りつめた感じがするので登らない。今はまだそのタイミングではない。てっぺんはもっと期が熟したときに」っていう。

 おおー、いいこと言ったね!

──それは前に鳥居さんが言ってたんですよ!

 そうなんですか? あたしはいいこと言った!

──それから2年経ちましたけど、どうですかね? まだてっぺんには……。

 シーソーにすれば?

──がっこんがっこんするじゃないですか。登っては落ちるから、楽しくなさそうだし。

 そう、登っても楽しくなさそうなものに、登ってみるのもいいことですよ。あのね、あたし一番やりたくないことは「やりたくない」って言ってたんだけど、一番やりたくないことだったら、むしろやりたいことだって思って、やる。

──えっと、たとえば……。

 たとえば、こういう取材とか。

──ぐは。

 だから、そういうこと。一回シーソーに乗ってみて!

──なるほど、確かに自分の中に何か強い思いみたいなのがあるから、「やりたくない」って思うんですもんね。

 そう、紙一重ってこと。

──じゃあ、すみませんがもう少しお付き合いいただくとして……新しいDVD『社交辞令でハイタッチ』では「人の話を聞いてたら、みじめになる。前は人の顔色をうかがって生きていた」っておっしゃってたんですけど、そういう時代もあったんですか?

 あります。人の顔色をうかがって生きてきたから、あたし、イラッとするとすぐ手が出ちゃってた。

──うかがい過ぎて嫌なところばかり目についちゃうんでしょうか。日常生活が大変そうですね。

 それで、バイトもすぐ首になってたんですけど、いっこ距離を置くようにして、ベルリンの壁を作って、一回、客観的に見られるようになったんです。「わたしが神だ」って思うようにして、その世界にそいつらを配置して、「こいつは杉並区に行かせよう」とか、そういうふうにイメージしてるんです。それでイラッとしてキレても「ここでキレさせる台本をわたしが自分でつくりました」って思ってるから、ぜんぜん、なんとも。

──気にならなくなりました?

 気にならなくなった。何かあったら洪水起こせばいいと思ってるから。

──なるほど! もうキレなくなったってDVDでもおっしゃってましたけど……。

 はい。

──今もわりとキレますよね。

 いや!! キレたことないだろ!!!(自分の足を殴りながら)……あたし地球が、地球の終わりが見えたんですよ、昨日。

──えー!

 だから一回終わってるはずなんですよ、わたしたちは魂だけでいま、動いてます。でも気づいてないの、一瞬で終わったから。

──地球が終わっても気づかずに中身だけが生きてるっていうか……。

 うん、生きてる、同じ感覚。だから、みてみて? おなかすいてないでしょ?

──いや、さっきたらふく食べたんで……。

 わたしもさっきサンドイッチ食べたの。

──ですよね。

 だからおなかすいてない。

──じゃあ、ありがちですけど、明日もし地球が終わるとした場合……。

 昨日ですけど! 昨日終わったの!

──じゃ昨日終わりましたけど、明日また終わるとしたら今日はどうしますか?

 明日終わるなら、いつもは環七を全力疾走してたんで、環八にしてみよっかな。

──あ、私の環八!

 環八いつも、排気ガスが多いっていうか、煙っぽいから嫌だなぁ。

──さっき、そんな道を私にくれたんですね。

 うん。

──(気を取り直して)今まで出されるDVDは作りこんだものが多かったと思うんですけど、今回みたいに、メインMCを務めた番組のDVDは初ですねー。ずっと誰かと一緒にやるっていうのはどうでしたか? フリートークとか。

 これはね、ガチガチにもう、ぜんぶ台本。それでまぁ、憶えるのがちょっとたいへんだったなっていう感じでしたね。

──あはは! そうなんですか、なんか、そんなふうには見えなかったです!

 あ、自然に見えましたか? やっぱり、わたしも劇団上がりなんで。

──あはは! Gyaoジョッキー、終わってみてどうですか? 何か得たものとか……。

 そうですね、あれ以降、毎月木曜日に、あのスタジオがある六本木のミッドタウンに行ってるんですけど、やってなくて。いつになったら再開するんですかね。

──うーん、もうYahoo!に買収されちゃったんで……。実は私もGyaoジョッキーで月に一回ペースで番組やってたんですけど、はじめは木曜日で、急に「小明ちゃん、月曜日に移動できる?」って聞かれて。別に暇なんで快諾したんです。

 あ、回されたんですね。

──ええ、そしたらハッピーマンデー制度で、毎月あった番組がしょっちゅう休みになって、季節ごとに一回放送があるかないかになっちゃて……それで、私がやってた木曜日に鳥居さんの放送が始まったんですよ。

 ぎゃはは! ハッピーマンデーですねー!

──ぜんぜんハッピーじゃない! すごい生活に困りましたよ! でも鳥居さんのGyaoジョッキーは危ういテンションで面白かったです。

 あたし、ダメなんですよ。ちょうど人といたくない時間なんです、これ録ったの。

──あー、夜中の、一番ひとりで浸れる、テンションの微妙な時間。

 うん。だからそういう人がネットで見てるから、ネットの人もそれだけ拠り所にしてくるっていうか、気が入っちゃってるから、それがめんどくさい。
中編につづく/取材・構成=小明)

●鳥居みゆき(とりい・みゆき)
1981年、秋田県生まれ。07年前後に、白いパジャマでテディベアを抱えた「マサコ」キャラでブレイク。以降、テレビ、映画、ラジオなど幅広い活動を続けている。3月25日にDVD『鳥居みゆきの社交辞令でハイタッチ「表ワースト」編』『鳥居みゆきの社交辞令でハイタッチ「裏ベスト」編』(Contents League)発売。

●小明(あかり)
1985年、栃木県生まれ。02年、史上初のエプロンアイドルとしてデビューするも、そのまま迷走を続け、フリーのアイドルライターとして細々と食いつないでいる。初著『アイドル墜落日記』(洋泉社)、DVD『小明の感じる仏像』(エースデュース)発売中。
ブログ「小明の秘話」<http://yaplog.jp/benijake148/

鳥居みゆきの社交辞令でハイタッチ「表ワースト」編

絶賛発売中です。

amazon_associate_logo.jpg

鳥居みゆきの社交辞令でハイタッチ「裏ベスト」編

アスベストではありません。

amazon_associate_logo.jpg

小明の「大人よ、教えて!」”逆”人生相談バックナンバー
【第10回】  宇多丸さんの至言「人にはだいたい『ちょうどいい』ところがあるんです」
【第9回】  桜木ピロコさんの至言「あたしいつもだいたいいやらしいことしてるもん!」
【第8回】 伊集院光さんの至言「結局、うんこを食うしかない状況になるんです」
【第7回】 ルー大柴さんの至言「ライフっていうのはマウンテンありバレーありです」
【第6回】 大堀恵さんの至言「私、いつも『アンチ上等』って思ってるんです」
【第5回】 品川祐さんの至言「なったらいいなと思ってることは、だいたい実現する」
【第4回】 福本伸行さんの至言「俺は『面白いものを作ろう』じゃなくて、作れちゃう」
【第3回】 大根仁さんの至言「ネットの書き込みなんて、バカにしていいんじゃない?」
【第2回】 杉作J太郎さんの至言「そんなことより『ファフナー』見ろ、『ファフナー』を」
【第1回】 河原雅彦さんの至言「もう無理やりヤラれちゃえばいいんじゃない?」

最終更新:2018/12/19 15:05

鳥居みゆきさんの至言「やりたくないこと、やらないだろうな、ってことをやるの」(前編)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

『i 新聞記者』森達也がぶっちゃけ

 国境なき記者団が発表する世界180カ国・地域を対象とした「報道の自由度ランキング」...
写真