日刊サイゾー トップ > 芸能  > デビュー曲惨敗で歌手活動終了!? イメージを気にしすぎた栗山千明と事務所の失敗

デビュー曲惨敗で歌手活動終了!? イメージを気にしすぎた栗山千明と事務所の失敗

kuriyamachiaki.jpg「流星のナミダ」(DefSTAR RECORDS)

 クエンティン・タランティーノ監督の映画『キル・ビル』出演以降、”クール・ビューティー”を体現し、独自の存在感を誇る女優・栗山千明。一方で『新世紀エヴァンゲリオン』の渚カヲルを信奉するアニメファンとして知られる彼女が、CHiAKi KURiYAMAとしてシングル「流星のナミダ」で2月24日に歌手デビューしたものの、さっぱり売れず、今後の歌手活動が危ぶまれているという。ある業界関係者は次のように明かした。

「DVD・Blu-rayで発売されたOVA『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』の主題歌という強力タイアップを付けてリリースされた『流星のナミダ』ですが、オリコン初登場チャートはベスト10から漏れる11位でした。同日デビューを果たした北乃きいは7位と水をあけられ、声優・茅原実里、島田紳助プロデュースの新選組リアン、ハロー!プロジェクトの真野恵里菜にも惨敗でした。この事態に、レコード会社関係者、所属事務所スタッフもガックリと肩を落とし、今後のリリースプランを再検討しているようです」

 5歳で芸能界デビューし、すでにキャリアは20年。ハリウッド女優でもある栗山は、抜群の知名度を誇るものの、芸能界の後輩たちにことごとく敗れてしまった。『流星のナミダ』が不発だったのにはいくつか原因があるという。前出の関係者は次のように続ける。

「まずは、曲が微妙でしたね。『ガンダム』タイアップといえば、ノリノリのアッパーチューンやダンサブルな曲が多いのに、『流星のナミダ』はアッパーでもバラードでもない、ミディアムテンポの中途半端な曲でした。知名度だけで歌手デビューしても、ヒットを出せない好例ですね。また、レコード会社側は、発売促進イベントとして”握手会”を提案したものの、事務所はこれを固辞。”クール・ビューティー”の栗山がファンと気さくに交流するのは、イメージを大切にする事務所側はどうしても避けたかったようです。栗山のイメージ作りには、事務所も相当気を使っており、公式プロフィールから茨城県出身ということも削除しているほどです」

 ハリウッド女優という金看板があるだけに、大胆なイメージチェンジができず、早くも『キル・ビル』出演から7年が経過。現在は女優として映画やドラマに出ても3番手、4番手になってしまっている栗山。”クール・ビューティー”として唯一無二の存在感があるだけに、あえてそこから脱却した新たな栗山千明も見てみたいものだ。

「流星のナミダ」

CHiAKiのナミダ。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
 「Fカップ隠れ巨乳がしぼんだ!」長澤まさみ”激ヤセ報道”の真相とは?
 「おい! 豚!」 北川景子のドS発言にネット上で「羨ましい」の声
 事故写真流出も……? 泥沼化する眞鍋かをりと元所属事務所の対立図

最終更新:2010/04/10 11:00

デビュー曲惨敗で歌手活動終了!? イメージを気にしすぎた栗山千明と事務所の失敗のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ拡大!芸能界も大騒ぎ!?

芸能界もさまざまな主張・行動で大騒ぎ!
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

瞑想ブームに見る仏教と科学の関係史

 「マインドフルネスをビジネスに活かす」「瞑想で健康になる」といった言葉が当然に...
写真