日刊サイゾー トップ > 芸能  > 女性スポーツ実況はお茶の間に受け入れられるか? TOKYO MXの新たなる挑戦

女性スポーツ実況はお茶の間に受け入れられるか? TOKYO MXの新たなる挑戦

TOKYO-MX.jpgTOKYO MX『STRONG! ホークス野球中継』より

 今年の春先、何気なくつけたテレビのナイター中継。しかし、いつも見慣れた中継とは大きく違っている点があった。

「そうですね、ここはあと1点は欲しいところです」的な実況をしている声が、女性のものだったのである。

 プロ野球中継に限らず、サッカー、ゴルフ、競馬、格闘技にオリンピック競技と、スポーツの実況を女性が行うことは極めて珍しい。この女性実況によるプロ野球中継を行っているのは、TOKYO MXが放送する福岡ソフトバンクホークス主催試合中継の『STRONG! ホークス野球中継』。今年度のメイン実況に抜擢されたのが、野球やサッカーなどのスポーツ番組で活躍し、昨年まで同番組のリポーターなどを担当していたフリーアナウンサーの長友美貴子。 

 スポーツ系の取材を多くこなす、ある週刊誌記者は言う。

「それこそ何十年にもわたって『実況は男性が行うもの』という感覚が刷り込まれているところがあって、ここに新しいものを持ち込むのは相当ハードルが高い。偏見抜きに見ると、よく取材をしていると思いますし、野球にも詳しい。慣れるまで時間がかかる人は多いかもしれませんが、キー局にはなかなかできない挑戦だと思うので、注目していきたいですね」

 TOKYO MXの担当者に、女性実況が誕生したきっかけを聞いた。

「プロ野球中継が全般に減少傾向の中、弊社としてはまだまだ重要なコンテンツと考えています。ただ、従来通りの放送の仕方ではなかなか視聴者層の拡大にはつながりにくい。そこで新たな試みとしてチャレンジしてみようということになったんです」

 長友アナ本人に、現在までの感想を訊いてみたところ、当初はプレッシャーで眠れなかったり、実況の夢を見たりもしたそうだが、長友アナなりのスタイルを築いていこうとしているところだという。

「男性の実況を聞き慣れている視聴者の方に向けて、男性と同じ実況をしても受け入れてはもらえないと思います。というのは、子どものころから野球が大好きで、ずっと野球を見て育ってきた私が、視聴者の立場に立ったときに、男性を真似ただけの女性実況は、きっと聞きたくないと思うからです」

 そんな「ならでは感」を出すために、

「これまでのリポーター経験で培ったものを活かして、出来るだけ多くの選手の生の声を実況の中に盛り込むようにしたり、解説者やスタッフの皆さんとのコミュニケーションを大切にしてアットホームな雰囲気が放送で出せるように心がけています」

と言う。

 女性の野球実況そのものに対して、MXにも賛否両論の声が届いているそうではあるが、最近は「女性の実況に慣れてきた」という声が増えているそうだ。

「女性ならではの視点が、従来のプロ野球中継が敷居が高いと思っていた方々にとって、分かりやすく入りやすいものになっている効果は出ていると思います。ただ、いつまでも『女性の実況が新鮮だ』だけではいけませんし、プロ野球に非常に詳しい視聴者にも満足していただけるよう、新たな中継のスタイルを目指していきたいですね」(前出TOKYO MX担当者)

 前例がほぼないだけに、長友アナにも重責がのしかかりそうだが、

「応援も批判もどちらも今の私にはパワーになります。評価の対象となること自体が大切だと思っていますので、欲張らずに一歩一歩階段をのぼるだけです」

 前出の記者はこう言っていた。

「長友アナが女性のスポーツ実況の道を切り開いてくれれば、他の競技にもどんどん広がっていくかもしれませんしね。1年終わったときに、やっぱり女性じゃなぁ、とならないようがんばってほしいですね」

 後半戦、好調なホークスとともに、長友アナの実況もますますノッていきそうです。
(文=太田サトル/「サイゾー裏チャンネル」より)

今夜は離さないPARTII

巨人戦は譲れない。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
松本・岡村の穴を埋める!? 現場が証言するネプチューン・堀内健の「天才」ぶり
「テレビ朝日の秘密兵器!?」上品で超美人の島本真衣アナウンサーに注目せよ!
「細かすぎる美川憲一」にブレイクの予感 ものまね芸人・魅川憲一郎を直撃した!

最終更新:2010/08/10 11:00

女性スポーツ実況はお茶の間に受け入れられるか? TOKYO MXの新たなる挑戦のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

40バイト芸人のふとした“オチ”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるwithコロナ時代の防災

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍し、現在はアパレルブランド「ARIST...
写真