日刊サイゾー トップ > 芸能  > 高島彩アナのフジ退社で再び注目集める「ゆず」北川母が教祖の新興宗教

高島彩アナのフジ退社で再び注目集める「ゆず」北川母が教祖の新興宗教

ayapan.jpg『着信のドレイ』(ポニーキャニオン)

 フジテレビの高島彩アナウンサーが年内限りの退社を発表。その理由のひとつには、自身の結婚準備があるとされ、4年越しの交際相手である北川悠仁(ゆず)に改めて注目が集まっている。

「今回の退社決断の背景には、北川の母親で、宗教法人『かむながらのみち』の教主である北川敬子さんのアドバイスがあったと言われています。『かむながらのみち』では、夫唱婦随による家庭円満を実践目標に掲げており、敬子さんは息子たちにもそうした家庭を築くように進言。高島アナも結婚の折には家庭に入る決意を固めていると見られます」(音楽事務所関係者)

 宗教法人「かむながらのみち」は1999年に設立。山梨県にある同教団の総本山・身曾岐神社は、北川が6年前に数億円で所有権を買い取ったもので、彼自身も積極的に関与しているといわれる。実際に2006年以降、ゆずのコンサートは毎年夏に身曾岐神社の能楽殿で開催されており、同神社内ではゆずにちなんだお守りも販売されている。

「ゆずの熱心なファンの間では、身曾岐神社は『一度は訪れておきたい場所』となっています。ゆずのファンが入信したという話はあまり聞きませんが、『かむながらのみち』の教義自体は自己啓発的な要素が強く、同様の傾向がある北川の歌と重ねて聞いている人も多いようですね。北川一家の信仰については、多くのファンが好意的に解釈しているようです」(音楽雑誌関係者)

 8月25日にリリースされたゆずの新曲のタイトルは「慈愛への旅路」(トイズファクトリー)。母親の教組名「北川慈敬」と「慈」の文字が共通しているほか、歌詞の自己啓発的な内容も、北川の「かむながらのみち」との関係を連想させる。

「北川はいずれ『かむながらのみち』を継承するのでは、と見る音楽関係者は多いですね。ただし、音楽活動は従来通り続けるはずです。というのも、一昨年に亡くなった北川の父親は鉄工メーカーを創業して成功した実業家で、母親の敬子さんとともに宗教団体『解脱会』の幹部でもありました。世俗での成功と、”精神世界”の充実を両立させるのは、いわば北川ファミリーの伝統でもあるのです」(前述の音楽事務所関係者)

 一部報道では、身曾岐神社では今年に入り、修業に励む北川と高島の姿がたびたび目撃されているという。今後、結婚の日程がより具体的になるにつれ、北川ファミリーと「かむながらのみち」への関心も高まりそうだ。
(文=石田和宏/「サイゾー裏チャンネル」より)

着信のドレイ

今度は義母のドレイ?

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
「破局説を流したり……!?」退社の高島彩を苦しめたフジテレビとの深すぎる溝
「勤続疲労が限界に……」フジ高島彩アナが年内退社を決めた本当の理由とは
フジテレビ高島彩アナ ゆず北川の実家宗教に入信か

最終更新:2010/08/29 11:00

高島彩アナのフジ退社で再び注目集める「ゆず」北川母が教祖の新興宗教のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

土方歳三の謎に包まれた死

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

女優・小川未祐の“私がキマる瞬間”

 『闇のカーニバル』(1982年)や『ロビンソンの庭』(87年)など、独創的な作品で常...
写真