日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 「事前告知と話が違う」SDN48″総選挙”大堀恵が1位もファンから疑問の声

「事前告知と話が違う」SDN48″総選挙”大堀恵が1位もファンから疑問の声

SDNOHP000.jpgSDN48公式サイトより

 AKB48の”姉貴分”で、メンバー37人を擁するSDN48が、ユニバーサルミュージックより11月24日にCDデビューすることが決定し、”選抜総選挙”を開催。レギュラー番組『すっぽんの女たち』(テレビ朝日系)とケータイサイト・GREEが連動して人気投票を行った。ブログの閲覧数、待ち受け画像のダウンロード数を競い、6月から3カ月にわたる激戦を経て、選抜上位12人がついに決定。その順位は以下の通りとなった。

1位・大堀恵
2位・佐藤由加理
3位・野呂佳代 
4位・KONAN
5位・浦野一美
6位・梅田悠 
7位・芹那
8位・加藤雅美
9位・小原春香 
10位・伊藤花菜
11位・穐田和恵
12位・福山咲良 

 記念すべき1位を、大堀が獲得。2月まで在籍したAKB48では最年長(現在27歳)で、2008年10月には、「1万枚売らなければ即卒業」を命じられた”大堀めしべ”として「甘い股関節」でソロデビュー。根性の”ハグ会”でノルマを果たしながらも、AKB48では、「Baby! Baby! Baby!」しか選抜経験のない大堀が、SDN48デビュー曲ではセンターポジションを務めるエースの地位を戴冠。ブログで次のように感謝を述べた。

「この4年間ずっと人の背中を見て走ってきました。ずっと最下層アイドルだった私が1位を頂けるなんて、本当に皆様に感謝しきれません!!!!!!!! 皆さまと出会えた私は幸せ者です。SDNのセンターとしての自覚を持ち、自分らしく頑張りたいです!!!!!!!!!! 応援して下さった皆さん!! 本当にありがとうございました」

 大堀のほか、4人のAKB48出身メンバーも選抜に入り、また、恵比寿マスカッツとしても活動した2期生のKONANらで決定したメンバーだが、現場のファンたちはどのように思っているのか? SDN48公演にも足繁く通うAKB48劇場通い4年10カ月の”古参ヲタA氏”は次のように明かす。

「SDN48は、大堀がメインで立ち上げられたグループなので、大堀がセンターなのは順当。『BUBKA』(コアマガジン)の秋元康総合プロデューサーへのインタビューで、『(SDNは)大堀がAKBのいろんな卒業生のところに行って”またやろうよ”って勝手に立ち上げて、夜の10時ぐらいから”大堀48″が始まったら、くっだらないなと思ったりしています(笑)。甘い股関節とかそんな曲ばっかりやってるアダルトなチーム』と明かしており、そこからスタートしたプロジェクトですから。大堀は、妖艶で鬼気迫るパフォーマンスや、セクシーさと裏腹に握手会などで見せてくれる礼儀正しさで老若男女から支持されています。以下、途中経過では1度1位になった佐藤、キャプテンの野呂、ファン対応はアイドル業界トップの浦野、舞台経験豊富な小原らAKB48出身の実力あるメンバーたちが入ったのも納得できます」

 そのほか、ダイナミックなダンスで知られる梅田、バラエティー番組露出も多い芹那、真面目で舞台女優志望の加藤、華麗な美脚を持ちながら2次元ヲタの伊藤、待ち受け画像のダウンロード数では常に上位だった関西出身の歌姫・穐田らビジュアルのいい1期生、芸暦が長いKONAN、現場人気が高い福山ら2期生も順当にも思える選抜だが、前出のヲタ氏は次のように続ける。

「ファン投票で選んだ結果、AKB48の選抜と同じで、ルックスのいいメンバー中心で面白みに欠けますね。AKB48で冷遇されてきた大堀らが報われたのはいいんですが、SDN48は、社会人を経て加入してきた個性的なメンバーが揃っているのがウリだったはず。最年長32歳で秋元Pから”日本のスーザン・ボイル”と称えられる圧倒的な歌唱力を持つ西国原礼子、詩吟の師範代である大河内美紗、元秘書でバイリンガルの近藤さや香、元SKE48の手束真知子、芸人のなちゅ、”二十歳で人妻”の二宮悠嘉らが選抜から漏れているのは、もったいない。特に、歌で劇場を支える西国原、大河内ら劇場の功労者が選抜に入れないのはAKB48と同じ過ちを繰り返してるとしか思えません」

 一方、一部のファンからは選抜メンバーについて「強い事務所ごとに1枠ずつねじ込んだ」「SDNは実力主義のはず。事前に1位がセンターとは決まってなかった」などの意見も噴出。事実、AKB48劇場支配人・戸賀崎智信氏は6月18日のGREEブログで今回の選挙について次のように発表していた。

「『人気投票』の結果はそのままメジャーデビュー時の立ち位置に反映されるわけではございません。この人気投票はあくまでも指数であり、その結果以外に劇場公演も含めた仕事へ取り組む姿勢、時間や提出物体調などの自己管理能力考慮した上で、最終的な立ち位置を決定します」

 事前に、”あくまでも指数”と告知していたのが、いつの間にか結果そのものとなっていることにファンたちは疑問を呈しているが、その点には説明がないままだ。選挙期間中、メンバーたちはブログ閲覧数を上げるべく常に更新を強いられ、選抜の当落が発表されると、ブログで切なる思いを吐露した。昨年8月の活動開始から1年が経過し、冠番組『SDN48+10!』(スカパー!371chエンタ!371ほか)もスタートして、いよいよデビューに向けて拍車のかかるSDN48。「♪セックスをしたくなった」と歌う扇情的な歌詞もある”18禁”公演を行いながら、18歳未満解禁を宣言するもそのスタート日は決まっていないなど課題もある一方、元AKB48の戸島花のほか、東スポによるとNEWSの山下智久の妹で、鳩山邦夫衆議院議員の私設秘書だった山下莉奈が、次回のオーディションを受けるというウワサもあり、”タレント再生工場”としても注目されている。”アイドル戦国時代”の2010年の最後にデビューを飾るSDN48の今後に注目だ。

甘い股関節

なにはともあれ、めーたんおめでとう!

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
SDN48″18歳未満解禁”にヲタ激怒!! 古参とピンチケヲタの主張が正面衝突
姉貴分SDN48も”総選挙”開催 メジャーデビューできるのは誰だ!?
「いいのは顔だけ!?」既婚者も加入するSDN48の2期生が抱える不安材料

最終更新:2018/12/11 13:40
こんな記事も読まれています

「事前告知と話が違う」SDN48″総選挙”大堀恵が1位もファンから疑問の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

瓜田純士、渋谷の路上で激白!

 28日に東京・新宿FACEで開催される格闘技大会『THE OUTSIDER』に参戦す...…
写真